ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

米議会の予算合意でも反応薄、
142円台に戻しきれないユーロ円に注目

2013年12月11日(水)15:33公開 (2013年12月11日(水)15:33更新)
持田有紀子

マーケットスピードIIとiSPEEDが使える!楽天CFDをザイFX!編集部が徹底調査!

 雇用統計の後をうけて、昨日のアジア時間でもドル円は103円台にステイ。ドル円は今月の高値をチョビっと更新する局面もあった。ここまで来ると、ドル円のターゲットは5月22日の103.72になってくる。その勢いでユーロ円も買え買えということで、高値を142.15まで拡げた。

 そうした状況で突入した欧州市場。材料は極めて少ない。しかしクロス円は重かった。ユーロ円は高いほうのサイドばかり気にしていたせいもあって、あっさりと142円ちょうどを割りこんできたのにはちょっとビックリ。ユーロドルは動きが鈍かったが、ドル円は徐々に下がってきた。ドル円が103円ちょうどを割りこんできそうだったので、102.98で売りのストップ注文を置いて、ストップメーキング。

 雇用統計でのドル円の上昇分を消しにいくのはなかなか想像しにくいが、その分だけドル円やユーロ円のロングポジションもたまっていることもありうるわけだ。ショートポジションができたので、すぐに103.05で今度は買い戻しのストップ注文を置いた。

 経済指標などは少ない一日だったが、この日の注目はボルカールールの承認と、米議会での予算審議の行方であった。金融機関の安全性を高めるためのボルカールールは以前から検討されていたが、ザル法だと非難されてきた経緯もあって、今回の最終案はかなりタイトなものになった。内容も想定された通りであったが、こういうやり方は自由を尊ぶアメリカの手法に本来はそぐわない。

 そういうことあるのか、米国株はやや軟調に推移。為替相場ではドル安も進んで、ユーロドルも1.38台を目指す展開。ドル円も102円台の中盤まで押してきて、雇用統計で上げた分をほとんど吐き出した格好。これではリスクテークに弾みはつきにくい。ユーロドルの上昇が激しかったせいもあって、ユーロ円も上昇に弾みがついた。まずい!と思ってと私は102.76で買い戻した。

 結局、ニューヨーク時間ではドルの全面安になったまま。米国株は小幅な動きしかしていなかった。しかしニューヨーククローズ後に米議会の両院で財政問題の合意がなったという報道がなされ、やや上昇。ボルカールールにしても、米議会の動向にしても、想定の範囲内なので、マーケットはダイナミックには反応していない。

 今週になってからマーケットの動きは静かになった。値幅も小さい。マーケットでは方向感の出にくい状況だ。今晩もイベントが少ないので、テクニカルムーブに左右されることになるだろう。私としては142円台に戻しきれないでいるユーロ円に注目している。もちろんリスクの観点から米国株の動き次第なのだろうが、また142円台に近いところからは売りこんでいってみようかと思っている。


日本時間 15時20分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.38pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2023年9月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10
経済指標速報記事 バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る