ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロ欧州序盤からチョッピーな動き、
CAPMとイエレン議長に注目!

2014年03月31日(月)18:35公開 (2014年03月31日(月)18:35更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 金曜日の欧州序盤では、ドル円が102円台の前半で下値攻めするなど、円高傾向が強まった。これは明らかにユーロ円の下げがきつくなってきたものによる。先週はユーロの利下げ期待が必要以上に高まった。金融当局者もそれを援護するかのような発言しか出してこないからだ。量的緩和とかマイナス金利というフレーズが、極端にユーロ売りを誘うのである。株価が堅調でリスクテークが強まっている中でも、ユーロ円が下げてきて、140円ちょうども割り込んできた。

 ユーロ円でかなりベアに感じたが、ドル円もユーロドルもともに重い足取りなので、私はバラバラにユーロドルとドル円を売ってみた。どちらかがストップロスをついたにしても、もう片方が生きてくるだろうと見込んでのこと。もちろん両方ともフェバーに進めばよいが、そこまで無視のよい皮算用はしないことにする。

 さてドル円を102.14で売って、次に1.3736で売った。どちらもほとんど突っ込み安値であった。ユーロドルが急激に下がってきたので、それに便乗した形だ。ポジションを作った後に、私は出かける用事があったので、ストップ注文だけを置いておいた。どちらも20ポイントアゲインストで。夜の8時半には戻ってくるため、とくに利食い注文は置かなかった。

 途中で携帯などから為替レートをちらちら見ていたが、まずはドル円がアウトになった。それでドル高が進んでいるのかというと、そうではない。ユーロドルが1.3700割れに失敗して、反発しているのだ。安値は1.3705まで。それで私のコストくらいまで完全に戻ってきている。ユーロ円が50ポイントも切り返していた。

 ドイツのCPIが出て、予想よりも低めのプラス0.3%だった。もっと利下げ期待が高まるのかと思っていたが、為替相場は反対にユーロの買い戻しに動いた。それでユーロドルのストップ注文もダンに。ドル円とユーロドルの両方ともやられてしまい、ふたつ合わせて40ポイントだ。最近のあまり動かない為替相場の中で40ポイントはとても大きい(涙)。

 ニューヨーク市場ではリスクテークが進むこととなった。ドル円は102円台の後半まで上昇し、102.70近辺にあった買い戻しのストップロスを全部、飲み込んだ形となった。ユーロ円も141円台の中盤まで見事にショートカバーした。ユーロドルは私のストップ注文を付けた後は、それほども上がっていないし、動きもしていない。完全な円の独歩安となった。

 今日はドル円もユーロ円も高値圏で張り付き。これからどちらに向かうかは、欧州勢の参入を見てからということになる。今日から欧州も夏時間入り。15時くらいから為替相場も激しく動き出すことになると構えていたが、ユーロドルは1.3770台まで急伸した後は、ユーロ圏のCPIの発表をはさんで今度は1.3715近辺まで急落したかと思ったら、急速に買い戻された。ドル円は103円台、ユーロ円は142円台に乗せてきてクロス円は堅調だ。

 今晩のニューヨーク時間ではシカゴの景況感が出る。これは株価に直接に影響を与えることになりそうなので要ウオッチである。またイエレン議長のスピーチもあるが、これは先日の会見での「6か月」発言の意図のフォローが入るかどうかで、いちおうの注目を集めている。

日本時間 18時00分


 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事
トルコリラスワップポイントランキング CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る