ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

今回は「口だけドラギ」でなさそう!?
仏当局の言動怪しく、ユーロ下落に注意!

2014年05月15日(木)18:43公開 (2014年05月15日(木)18:43更新)
西原宏一

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■米ドル/円は狭いレンジで推移、ボラティリティ低下で動けず

 みなさん、こんにちは。

 米ドル/円は相変わらず狭いレンジ圏で推移。

米ドル/円 2時間足

(出所:米国FXCM

 オプションのボラティリティがかなり低下しており、通常なら大きく動く前兆となり得ます。しかし、オプションデスクが低ボラティリティに苦しんでいるため、「上がれば米ドル売り、下がれば米ドル買い」のガンマトレーディング(※)に終止。よって、今週も米ドル/円は101.50円-102.50円のタイトレンジに収まっています。

(※編集部注:「ガンマ」とは、オプション取引で使われる用語の1つ)

 このレンジ相場を崩せるかは、クロス円の動向次第。

世界の通貨VS円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 4時間足

 そのクロス円の中で、もっとも重要なユーロ/円が先週から動意づいてきています。

ユーロ/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 4時間足

■今回は「口だけドラギ」ではなく、本当に実行しそう!?

 デフレに直面しているユーロ圏では、ECB(欧州中央銀行)の追加緩和が長らく期待されてきました。

 加えて、ユーロ/米ドルの1.4000ドル近辺は多くの市場参加者がオーバーバリューだと指摘。2014年に入り、短期筋がユーロ/米ドルのダウンサイドに賭け、ショートにしたり、下向きのオプションの購入などをしてきました。

 しかし、これまでECBはまったく動かず、米金利が低下していることもあり、ユーロ/米ドルは高値圏での膠着相場。

 そのため多くのマーケット参加者の思惑がはずれ、彼らの保有するオプションは劣化し、スポット取引ではショートカバーが入り投資家の収益を圧迫してきました。

 ところが先週、5月8日(木)のECB理事会では、ドラギ総裁がいきなり来月、6月の緩和を示唆。

「もし必要であれば6月のECB理事会で行動することは容易である」

 ドラギ総裁はこれまで何度も緩和を示唆してきましたが、行動に移さず、「口だけドラギ」と揶揄されてきました。しかし、今回は6月という時間軸を設定しているため、これまでと違って信憑性が高いコメントとなっています。

 このコメントを受け、ユーロ/米ドルは1.3993ドルと1.4000ドルのバリア突破目前の水準から急反落。一時、1.3689ドルまで約300pips急落しています。

ユーロ/米ドル 4時間足

(出所:米国FXCM

 そして、マーケットの注目を集めているのが…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る