ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

楽観ムードでドル円109円台ミドルへ、
予想通りの独立拒否だが反動もありそう

2014年09月19日(金)16:09公開 (2014年09月19日(金)16:09更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 スコットランド独立の住民投票で、否決されるだろうというのが大方の見方となってきて、それがマーケットのリスクテークの材料になっている。リスク性の高いもの、すなわち株価は大きく上昇を続けており、為替相場ではポンドの上昇が際立ってきた。これを材料視するのは構わないが、ここまで伸びてきたものが、まだ上昇の余地があるのかどうかが問題だ。短期的なショートカバーが一巡したら、今度は反転する可能性を秘めている感じがしないでもない流れだ。

 昨日の欧州序盤では、そうしたリスクテークの勢いが強まった。住民投票が実際に始まっても、独立反対が大勢を占めることで観測は変わらず、欧州株は大きく上昇。しかるにユーロ円も堅調である。アジア時間に108円台の後半まで攻め込んだドル円も堅調だ。押し目を狙う動きも強いが、まったく押さない。アジア時間での高値が108.85あたりまでだったので、私はいつものように40ポイントのディップを狙った。

 というのも、ドル円は40ポイントまで押すのがせいぜいだという展開を今月に入ってから繰り返しているからである。108.50割れを拾おうと考えていたのだが、そこまでは十分に押しきれなかった。アメリカの経済指標までには買っておきたいと思っていたので、あきらめて108.66で買ってロングにした。

 住宅着工の結果が出る前に、ドル円が上がってきた。上がってくると、もう指標期待で含み益を飛ばすのが嫌になってくる。指標で勝負するならば、結果を見てからまたポジションを作り直せばいいだろうという理屈をつけて、利食い千人力に励んだ。そして指標が出た後は108.95あたりまで高値を拡げることになったが、そこは109円台を目前にして、すぐに押し返された。

 まあ高いところは買わなくてよかったと後づけとしては思うものの、それでも108.75あたりまでズルズルと下がってくると、今度は買いづらい。形式的には40ポイント修正の108.55アラウンドを待つこととなる。次にフィリー指数が出て、ドル円は108.60あたりまで下がってきた。ビッドを入れようとして構えていたのだが、またここで買えなかった。

 しかたなく108.72で購入。アジア時間の浅野レベルから見ると、とんでもない高いところで買っている。これから寝ることも考えて108.55で売りのストップ注文だけをプレースしておく。利食いのオファーは置かずに、朝になれば109円台になっていないかあと虫の良い考えをしながら寝た。

 朝になっても、あまり上がっていなかった。米国株は歴史的な最高値を更新してきているというのに。スコットランドを材料にしてのドル円の上昇もここまでなのか。とりあえず108.77でポジションをクローズした。すると東京市場ではやはり住民投票の結果予測に注目が集まり、それまでかなり買い進まれてきているドル円も再び買われ、ついに109円台へ。

 そのままストップロスを誘発して、ドル円109円台のミドルまで上昇した。日本株も高値追い。日経先物は今年の年初につけた高値である16400円まで、あと100円のレベルまで戻しきった。私は午前中に外出しないといけなかったので、手を出す機会に恵まれなかった。まあ、手を出したからと言って、必ず儲かるわけでもないのだが…。

 さて14時過ぎにスコットランドの結果は判明した。ポンドも昨日から全面高となっており、ポンドドルは200ポイント以上も上昇している。しかし結果は予想通りということになるので、やはりその後の反動には要注意となるだろう。


日本時間 15時30分

 

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る