ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

原油価格の続落でリスクオフへ、
ドルは戻り売り態勢で小売売上高に注目!

2014年12月11日(木)15:26公開 (2014年12月11日(木)15:26更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 週明けの月曜日には121円台の後半まで上値追いをしていたドル円だったが、中国株の急落やギリシャ不安などの高まりで、ドルの上値は着実に切り下がってきている。まずは121円ちょうどが重くなってしまい、121円台に乗せなくなる。次か120円ちょうどが重くなって、戻らないとなったら急速にドル売りのフローを集めてしまう。そして昨日は119円台から離れていくのかどうかが見ものだった。

 昨日のアジア時間では119円台の後半まで攻め込んだ後に、ランチタイムからの大きな売りを浴び、ドル円は1円今日の急落を演じた。その後の戻しは119円台の中盤まで。やはり戻し高値はきっちりと切り下がっている。そして欧州序盤で119円台のミドルまで戻ってきたので、逆張りにはなるが、私は119.31でショートにしてみた。

 今週に入ってから乱高下に近い状態が続いている。だから狙う値幅も大きめに取る。50ポイントは望まないといけないだろう。損切りの目安はその半分で25ポイントにする。大きめの値幅で勝負しようというのだから、ポジション量はやや抑える。大きく動くからといって、損も大きく出してよいということにはならないからだ。

 しかし欧州時間ではドル円はなかなか119円ちょうどを割り込まなかった。かなり待たされて、ようやくドル円が118円台に突入するも、下げに勢いはない。すでに何回もやっているゾーンなので、投げ売りしないといけないポジションも少ないのだろう。下がるとしたら前日と同じで、米国株が始まってからか。まだ時間があるので、私は一度118.98で買い戻して、待つことにした。

 ドル円は119円ちょうどあたりでウロウロしながらの米国株スタート。グローベックスセッションで米国株はすでに下げていたが、さらに一段安しての始まりとなった。私も安心してドル円を118.88で売っていった。これならば買い戻さなければよかったのにとは思えるが、リスクコントロール上、仕方がない。するとドル円は118.50近辺まで下がってきた。原油相場の下げも効いているらしい。

 OPECの石油需要見通しが下方修正されたからだが、本来ならば原油価格の下げはドル買い材料になる。しかし60ドル台前半まで下がってくるとリスク回避の動きを誘うこととなった。株安要因なのだからリスク相場的には円買いになってしまうのだ。それでドル円やユーロ円も下げ圧力にさらされている。

 しばらく下げ止まっていたのを我慢して、118.50を下抜けしたところで、買い戻した。118.30を割れた直後に、急速にメクリ上げられたからで、118.46で買い戻すのがやっとだった。私はこの後、寝てしまったが、ニューヨーク時間の午後から117円台にも突入している。

 今日の東京オープンでは珍しく、ドル円が下攻めで始まった。これで昨夜の安値である117.71を下回って、117.46まで安値を広げている。今晩は小売売上高がある。年末商戦の出足が悪かったこともあり、今回の数字が良ければ盛り上がる契機にもなるのにと、一部の期待を集めている。しかしドル円の短期下げトレンドは変わりかもしれない。すでに118円台の中盤が戻りの目安となっている感もある。ドル円の戻り売りのスタンスで臨むべきであろう。

日本時間 15時20分


 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る