ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

妙なバランスで膠着状態の為替相場、
楽観的なギリシャ協議のゆくえに注目!

2015年02月20日(金)15:05公開 (2015年02月20日(金)15:05更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日の欧州序盤ではドル円は118.70あたり、ユーロドルは1.14台の前半であった。マーケットを囲んでいる環境は、ギリシャ問題、イスラム国、ロシア不安、東ウクライナと悪材料は大きなものばかりで、列挙にいとまがない。それなのに妙なバランスの上、為替相場が膠着状態に入っている感がある。ユーロドルもドル円もレンジ相場にスタックしてしまっている。見慣れてしまったせいもあり、為替レートが大きく急変するイメージがわかない。

 ドイツがギリシャ救済の提案に反対の意向を表明。それでマーケットに波乱でも起こるのかと思えば、何も起こらなかった。私もニュースが出た後から何度かユーロドルを売ってみたりしたのだが、大きく下がることはなかった。端から端まで見ても50ポイントも落ちなかった。

 市場としてはギリシャ問題ではパニックになるということはありえないと見ているのだろう。仮にこのままギリシャが債務不履行になっても、そこまでは織り込み済みなのかもしれない。だとしたらそれはすでにユーロ圏の問題ではなくて、ギリシャ固有の問題として捉えられているということでもある。

 リスク性の高いものということで株価はどうかというと、ドイツ株は歴史的な最高値を更新してきている。もちろんユーロの量的緩和による要因が大きいのだろうが、ギリシャ問題をはらんでいても微動だにせず、値崩れしない。米国株も同様である。歴史的な高値圏に張り付いていて、原油価格が半分になろうともリスク許容度は大きなままである。

 前日はアメリカの経済指標では悪いものは並んだが、昨日は逆で良いものが並んだ。ドル金利のほうも前日とは打って変わって、短期も長期も上昇した。それに伴って為替市場ではややドル買いが優勢となった。でもここ最近のレンジからははみ出さない。

 今晩は経済指標が少ない。注目は欧州の財務相会議が緊急招集されていることだろう。果たしてどのような形でギリシャ政府と妥協を図るのか。マーケットは実に楽観的である。これが唯一のウィークポイントのように思われる。

日本時間 15時10分
 

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!口座開設キャンペーンも実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る