ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

レンジ内にステイ続けるドル円、
欧州以降のリスク状況を見て参戦!

2015年09月28日(月)15:09公開 (2015年09月28日(月)15:09更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 金曜日は朝にイエレン議長の発言もあって、ドルが強ぶくんだ。ドル円は120円台の前半だったものが、欧州序盤では120円台の後半まで値を切り上げてきた。ユーロドルのほうも重い足取りで、つまりは教科書的にドルの全面高となっている。私も夕方からドル円をロングにして参戦。120.53で買ってみたが、すでに遅きに失した感もある。

 なぜならばドル円のチャートの日足でのぞいてみると、今月になってから上下動の値幅はあるとはいうものの、119円から121円台の前半までで固まってしまっているからだ。つまりはレンジ相場のままだということを物語っているのだ。ということは120円台の後半はそろそろ売っていかないといけないレベルだというのがテクニカルの要請だ。

 ましてや121円台は買ってはいけないということ。確かにドル買いの材料は出てきたものの、依然として年内利上げは不透明のままであることには変わりがない。だからテクニカル面でのレジスタンスを上抜けできるとは考えないほうが無難だろう。

 そうしたネガティブなイメージしかドル円の上昇局面には持っていなかったので、いうまでもなく私の利食いは120円台ということになった。120.79で利食い売りしたが、その後、ドル円が121円台に乗せてきたが、あまり後悔はしていない。ただし昼間のセッションで日本株が上昇して高値引けしている。それにツラれる形でグローベックでの米国株も大幅に上昇中だ。

 ここでドル円が折り返すということは、株価も反転・下落に向かうということを意味する。目の前で強いリスクテークを見せつけられた直後では、なかなかイメージできない。果たしてニューヨーク時間になってもドル円はここ最近のレンジを保つことができるのか。それともブレークしてしまうのか。それが注目点だった。

 アメリカのGDPが上方修正されて、それでドル円は121.20をわずかに超えてきた。しかしこれが高値となった。それどころか、120円台の中盤まで反落。ドルの利食い売りが優勢となった格好だ。121円台ではドル円を売るには勇気がなかったが、こうなって上値の限界が確かめられると、地祇の戻しは容易に売れる。私も120.88でショートに振っていった。

 米国株も大幅上昇していたゲインをすべて吐き出し。ものの見事にマーケットはすべて全戻しした。ユーロドルも1.12台まで戻し、ドル売りの勢いが強いことを裏付けている。ドル円のショートは週末超えで持ちこした。ニューヨーク時間だけで見ると、ドルは安値引けしているからだ。

 しかし今日のドル円は朝のセッションでは、120.25あたりまでしか下がらなかった。これ以上待つと仲値決めも入ってくるので、タイムリミットでもある。私もあきらめて早々に120.36でポジションを閉じて終了。夕方にかけては株価など、リスクのありようを見極めてから、また参戦したいと考えている。


日本時間 15時00分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月14日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較
キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る