ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル金利も上昇気味でドル買いサポート、
ADP雇用とイエレン議長の証言に注目!

2015年11月04日(水)15:43公開 (2015年11月04日(水)15:43更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日は日本がお休み。それでもアジア時間ではドル相場がやや軟化。ドル円は120円台のミドルまで緩んできた。欧州序盤ではドル買いが入り、ドルが全面的に切り返す。ユーロドルは引っかかっていたのに1.10ちょうどを割り込んできて、下げ傾向が目立ってきた。

 とくにドル買いすべきフレッシュな材料はないのだが、ドル高に向かっているならばと私もドル円を少々買ってみた。少しだけにしておいてのは、米国株や欧州株も伸び切っているし、これ以上の一段高を目指すにはきついだろうなという思惑があったからである。ちょっとでもリスク外しの動きが現れると、ドルの急落につながる可能性が高いからだ。

 ドル円を120.88で買ってみたが、それまでの安値のちょっと外側である120.55で売りのストップ注文を置いておいた。後は上がるかどうかはマーケット次第。時間をかけて見守るしかない。欧州債が軟化しているので、それにツラレてアメリカの長期金利も上昇気味である。これがどのくらいドル買いをサポートしてくれるのか。

 ニューヨーク勢もドル買いで参入したようで、ドル円は121円台に乗せてきた。夏時間も終わって、時間の進み方が遅く感じられる。もう眠いので121.00までストップ注文を上げて就寝したが、朝見るとダンになっていた。それほども深い押しもなかったのだが、やはり121円台では利食い売りしておきたいという意向も強かったのだろう。

 今晩はアメリカの経済指標として、ADPの雇用指数やIMSの非製造業が出る。週末に雇用統計を控えているので、雇用の民間調査のほうが重要度が大きい。しかしかなり就業者数が少なくないと、FRBの金融政策を揺さぶることにはならないだろう。

 つまりマーケットに与える影響が小さいということだ。18万人の増加が見込まれているが、15万人とかを割り込んでこないと市場は動かず、早々と週末に向けての様子見姿勢に入るものと思われるが、今晩はイエレン議長の議会証言も注目される。

日本時間 15時30分
 

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る