ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米国が約9年半ぶりに利上げを実施!
でも、なぜ米ドルは急騰しなかったのか?

2015年12月17日(木)17:49公開 (2015年12月17日(木)17:49更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■日米当局はこれ以上の米ドル高・円安を望んでいない

 その米ドル/円反落シナリオの背景ですが、まず本邦当局の米ドル/円に対する見方の変化があります。

 今年(2015年)、米ドル/円が125円に上昇した局面では「黒田ライン」という言葉も登場したように、125円以上の円安は、日本政府が望んでいないのでないかという見方です。

 加えて、2011年につけた75円から米ドル/円はすでに50円弱急騰しているため、これ以上の円安・米ドル高は米政府も望んでいないのではないかという思惑です。

 昨年(2014年)の米ドル/円は、10月15日に105.17円でボトムアウトし、12月の米雇用統計後、121.85円の高値に到達した後、調整に入っています。

 米ドル/円は、今年(2015年)も10月15日(木)に118.06円でボトムアウトし、昨年(2014年)同様、米雇用統計後に123.48円に到達した後、反落しています。

【参考記事】
12月雇用統計の翌営業日に高値をつけて反落…昨年と今年のドル/円は超似ている(12月10日、西原宏一)

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:CQG)

 振り返ってみれば、昨年12月の米雇用統計後に米ドル/円は一時、121.85円まで到達していますので、今年(2015年)の米ドル/円は、マーケットが想定していたほど、米ドル高が進んでいないことがわかります。

 現状のまま今年(2015年)を終了すると、2012年から連続してきた米ドル/円の上昇トレンドが徐々に失速してくることになります。

■120円を割り込めば、円高へ動きそう!

 そして、米ドル/円のサポートは昨年(2014年)10月からサポートされているライン

 このラインが8月24日(月)のチャイナショック時の116.15円、そして10月15日の118.06円と米ドル/円の下値を支えています。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:CQG)

 このサポートラインが本稿執筆時点で、120.00円レベル。

 FOMCの開催前も、米ドル/円は原油安や株安で下落しましたが、それも120.33円までで、このラインがサポートとして働いています。

 2015年年末に向けて、仮に米ドル/円が、この120.00円を割り込んでくれば、年末年始はまず円高への修正が起きる可能性が高まります。

 米金利の上昇もあり、2016年も米ドル高予想がコンセンサスとなりつつあります。

2016年4月ごろに日銀の追加緩和という予測もあり、仮に日銀がQQE3(量的質的緩和第3弾)を決定すれば、流れを変えることはできるのでしょう。

 しかし、現状のままですと、他通貨では緩慢ながら、米ドル高の流れは続きそうですが、当局が125円以上の円安を歓迎しないことに加え、2011年の75円からすでに50円弱急騰し、調整相場入りする可能性も高いことから、2016年は米ドル/円の思わぬ反落に警戒です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る