ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

先週は「せいぜい2回」だった米利上げが
今週は「最低でも2回」へ急速に変化!

2016年03月24日(木)19:00公開 (2016年03月24日(木)19:00更新)
今井雅人

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■FOMCを経て、年内2回の利上げを織り込んだ

 ちょうど前回のコラムでは、3月16日(水)にFOMC(米連邦公開市場委員会)が政策金利を発表したばかりとあって、その決定を踏まえた市場センチメントの変化をお伝えしました。

【参考記事】
米利上げ回数は4回から2回へ下方修正。どうして利上げ見通しは引き下げられた?(3月17日、今井雅人)

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 FOMCメンバーが示した四半期ごとの「経済・金利見通し」での予測によると、2016年末時点のFF金利(※)誘導目標は中央値で0.875%になり、これは前回の1.375%から50bp(ベーシスポイント)引き下げられたことになります。市場は、はっきりと目に見える形での金利水準を前にして、「年内2回の利上げ」を織込むことになりました。

(※編集部注:「FF金利」とは、フェデラルファンド金利のことで、FFレートとも呼ばれる。米国の政策金利)

 しかも、イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長が定例記者会見で「リスク」について強調したこともあり、わかりやすく言えば、「できてもせいぜい2回の利上げ」との認識が植えつけられました。

■ハト派からの発言が相次いでセンチメント変化

 ところが、今週(3月21日~)に入って、その認識を修正させられる結果となっています。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 日本が休場となった週明け3月21日(月)には、昨年のFOMC投票メンバーの中では中立的存在として、その発言が常に注目されていたロックハート米アトランタ連銀総裁が、「利上げは早ければ4月FOMCで正当化される」との見解を表明しました。

 翌22日(火)には、ハト派で知られているエバンズ米シカゴ連銀総裁が「2016年2回の利上げはまったく不合理ではない」と、こちらも驚きの発言となりました。

FOMCのハト派といえば、「年内利上げなどもってのほか」との認識だったはずですが、そのハト派からこういった発言が飛び出すという事実は、やはり、何らかの意図を感じざるを得ません。

■「せいぜい2回」から「最低でも2回」へ急速に変化

 さらに、翌23日(水)には、2016年のFOMC投票メンバーであるブラード米セントルイス連銀総裁が「FOMCは4月に行動する可能性がある。インフレのオーバーシュートを招く可能性がある」との見解を表明しました。

 一連の発言を受けて、市場は、これまでの「できてもせいぜい2回の利上げ」から、「最低でも2回の利上げ」というセンチメントへ急速に変化してきています。

 「経済・金利見通し」の「ドットチャート」が、あたかも「フォワードガイダンス」のような扱いとなってきていることに対する当局の警戒感、つまり、「もっと曖昧にしておきたい」といった意思が、ブラード米セントルイス連銀総裁が、「この見通しへの参加の棄権も考えた」と嫌悪感を隠さなかったところからも、ひしひしと伝わってきます。

 本日、3月24日(木)は…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る