ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

原油の減産合意への期待でリスクオン、
潮目変わるか円相場キープウォッチ

2016年08月12日(金)15:05公開 (2016年08月12日(金)15:05更新)
持田有紀子

【GMOクリック証券】圧倒的人気で100万口座達成!最短即日で取引可能!

 昨日は日本がお休み。マーケットには注目すべきイベントもなかった。しかし海外市場ではドルが全面高となって、ドル円は102円台まで戻す局面もあった。アジア時間にドル円は何度も安値攻めし、100円台への突入を試みていたので、その分の買い戻しもかさんだのだろう。

 あと原油価格が3ドル弱ほども大きく上がったのが、マーケットに安心感を与えたようである。実に小幅な値動きしかしていないものの、米国株も終値ベースでは歴史的な高値を更新してきている。それらの原因によってマーケット全体がリスクオンとなって、ドル円も上昇を余儀なくされた感じだった。そういう環境の中でドル円を進んで売りこんでくる人はいない。

 昨日は原油相場が上がったのが唯一のトピックみたいなものだったが、41ドル台から43ドル台まで戻ったのがそんなにリスク許容度の回復としょうして喜ばしいものなのか。以前は60ドル割れでも50ドル割れでも、リスク許容度が減退して困ったものだとされたものだ。

 昨日は原油生産の量的規制が前進しそうだということで原油相場は切り返したが、その前日には7月の生産量が過去最大だと報告されている。これはサウジアラビアに限ったことではなく、イランについても同じである。

 イランはようやく原油生産の規模が制裁前の水準まで回復してきたようだし、これで生産能力いっぱいまで生産しているということだ。5月のOPEC会合で合意できなかったが、今ならば合意の可能性も出てきたということだ。

 生産量を増加させて、その上で明日からは現状の水準をこえないように、と規制するのは、国際社会の中では常套手段である。自分のところだけが割を食わないように運んでいるだけだ。これは隣国に侵略しておいて、それを既成事実として後は平和を主張するようなものである。しかるに今年の世界石油生産は過去最大になることが考えられる。

 そして原油の在庫量も過去最大となるだろう。市場でのダブつき感は、遅かれ早かれ価格を押し下げる。いつ原油価格の下落が原因となって、世界的なリスクオフに変わるかもしれないのだ。しかもかなり深刻に。このことを念頭に入れておかないといけない。

 今日は日本株のSQ値の決定だった。ここ最近のSQでは、それが通過するとそれまでの流れが反転してしまうというパターンが続いている。前回の7月物のときはBREXITの後だっただけに、日経先物のSQ値は15000円台の前半という安いところでついてしまった。それに比べて現状は2000円も高い。

 ここで株価が反転して下落に向かうかどうかは、相場に聞いてみるしかないのだが、パターン通りになって悔しい思いをするのは嫌だから、102円台に乗せたところでドル円をスモール諸だけショートにしてみた。あくまでもパターンに乗っかったトレードのつもりなので、102.30あたりを超えてきたら、あっさりとあきらめるつもり。

日本時間 15時00分

 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

100万口座達成!

GMOクリック証券[FXネオ]

最短即日取引可能なGMOクリック証券!

link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 メキシコペソ比較 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 メキシコペソ比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る