ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

3月利上げ観測台頭でドル強含み、
今晩のイエレン議長の発言に注目

2017年03月03日(金)16:31公開 (2017年03月03日(金)16:31更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日のアジア時間ではドル円が114円台に乗せてきて、なかなか下がらない。堅調のままだった。欧州序盤でもドル買いの流れは強まって、大幅ではないものの、ドル円は一段高した。これはドル金利の上昇が顕著になってきたからである。ドル金利といっても、短期金利のほうである。

 短期金利がなぜ重要かというと、それはFEDの誘導目標だからである。長期金利はコントロールできないのである。日銀が指値買いオペとかいっているが、それがどこまでワークするのかは実験中なのである。

 歴史的にも長期金利はコントールできそうなものだと思われてきたが、1980年代のインフレ相場の時に見られたように、金融当局の考えの通りに運ばない。直近の例では10年前にグリーンスパン議長が「長期金利の謎」と表現して、長期債のコントロールがままならないことを痛切に感じたという事実もある。

 だからドルの値段に関する議論には、短期金利を見なくてはいけない。評論家がいうような「長期金利が上がったのでドルが買われた」などというのは、ほとんど当たらないのである。長期金利が上がってもドルが下がっている時もあり、それは半々なのである。要は役に立たない。

 その短期金利なのであるが、1年先の短期金利先物で市場の感応度を測る。今でいうとドルライボーの先物2018年3月もので見る。為替レートと違って、日ごろはチキチキとしか動かない。しかし経済指標がサプライズなものであったり、金融当局者の発言の前後で大きく揺れることがある。

 特徴はいったん動くとそっちの方向に張り付いてしまって戻ってこないのである。だからある意味では相場の方向性を見極めやすい。アメリカの失業率の前後では為替相場も株価も上下に激しく振れるが、短期金利を見ていれば、どっちに行きたがっているのか、わかろうというもの。

 ここ1週間で多くのFRB理事や地区連銀の総裁が、追加利上げも妥当な時期だと表明した。これによって確かにドルの短期金利は0.15%分ほど上昇した。1回の利上げが0.25%だと考えられているので、かなり多くの利上げ分を織り込んだことになる。

 これがユーロドルやドル円でのドル高傾向を強めたものといえる。そしてなお現在もドルは高値張り付きの状態である。トランプ大統領の演説が終わってから、その傾向はさらに強まったといえる。 

 今晩はイエレン議長やフィッシャー副議長のトークがある。ここで利上げもやむなしとのコメントが出てくれば、それは3月利上げの地ならしということで、ドルはやや買い進まれそうだ。しかしあくまでも「やや」であろう。

 なぜならば利上げの大部分をすでにドルの値段に織り込んでしまっているからである。今となっては「50ベーシスも」という見解でも出てこない限りは、積極的なドル買いにはつながらない。むしろ「ペースはゆっくりと」とか「トランプ政権を見守りたい」などといったら、大きなドル相場の反落につながってしまうかもしれない。


日本時間 16時20分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る