ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

北の軍事行動もなくショートカバー、
ドル円108円台スタートだが動かず

2017年09月11日(月)15:28公開 (2017年09月11日(月)15:28更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる


 金曜日はさすがにアジア時間でもリスク回避の流れが強まった。土曜日の9日が北朝鮮の建国記念日であって、何か面白いことをやってくるのではないかとの懸念があったからだ。決して警戒感が高まっているという感じではないが、それでも何かあったら困るといった消極的な警戒だ。

 不必要にリスク性の高いものを持っていた連中が投げ売りをするにはちょうどよい段階だったと言える。そもそもミサイルを撃ったくらいでは何も世の中は変わらないだろうという楽観論も根強い。

 ランチタイムにユーロドルが今年の高値であった1.2070を上抜けしてきた。これはドル売りの流れが強まっていた最中のことだったので、不思議ではない。薄いマーケットを狙い撃ちにした仕掛け的な動きでもなさそうだ。

 そして前日に下攻めに失敗した形となっていたドル円も、ついに108円台を割り込んできた。これは10カ月ぶりの円高水準である。「107」という大台の数字に敬意を表して、私も追随売りをした。前日に突っ込んで売って、しくじったことはもう忘れてしまっている(笑)。

 そして今回のドル円の下げは腰が入っていた。なかなか目に見えるほどのスピーディなショートカバーが現れてこないのである。107.60あたりまで進んだ円高も、ほとんど戻すことなく欧州時間に入った。欧州時間でもドル円がさらに下がるなど、リスクオフ一色となりそうだった。

 そして107.50を下回ってきても、ぜんぜん元に戻りそうもなかった。こうなってくると107円台は素通りだったということになるのではないか。ニューヨーククローズでは106.70とかになっているのではないか。そのような考えがチラホラ出てきたが、これはあくまでもポジショントークの部類だ。

 しかしニューヨークオープンまでにはリスク許容度も回復。ドル円は107.35あたりで底を打った格好だ。私も107、50を上回ってきたところでストップ的にドル円を買い戻し。ポジションを閉じた。

 その後は地政学的リスクは変わらないものの、米財政審議が多少なりとも前進しそうだということでマーケット全体がリスクテークの様相となって、ドル円も108円台を付けたりしている。

日本時間 15時20分

おすすめFX会社
link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る