ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

一転して為替相場もリスクフル、
ドル円109円ミドルまで戻すが要注意

2017年09月12日(火)16:11公開 (2017年09月12日(火)16:11更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 週末に北朝鮮が行動を起こさなかったことで、昨日は早朝からリスクテークの展開となった。ドル円やユーロ円が高く始まり、日本株も高めに寄り付いた。その後もリスクテークの勢いは衰えず、アジア時間ではドル円の値幅は小さいものだったが、それでも108円台のミドルをキープした。

 海外市場では経済イベントは少なかったものの、北朝鮮への制裁決議の行方が注目を浴びた。米国の原案では中ロが飲める内容ではないので、どこまで緩めるかがカギだった。石油の輸出を認めるかどうかにかかっていたのだが、やはり伝わってくる妥協策としては、実質的に石油についてはいじらないだろうというものだった。

 それでマーケットはリスク許容度を高めることとなって、ニューヨーク序盤ではドル円は108円台の後半まで上がってきて、振り返ってみると、ここまでほとんどディップがない。すでにグローベックスでも米国株は大きく値上がりしており、リスクフルの状態。ハリケーンの大警戒してただけにカテゴリーが下がったことも加勢した。

 北朝鮮問題をかなり楽観視している。そもそも衰えたとはいえ、ハリケーンが来ていてGDPが下がると心配している中、また北朝鮮の地政学的リスクがなくなったわけでもないのだ。ちょっと行き過ぎの面もあるのではないかと思って、私は手を出さなかった。

 その後も米国株は一段高をし続け、ドル円は109円台に乗せてきた。ニューヨーククローズまでドル円が下がることはなく、そのまま高値引けの格好となった。そして市場の観測通りに、国連の制裁決議は実質的には石油には触らない、個人資産にも手をつけないという内容で合意を見ることとなった。

 はたしてこれで北朝鮮に圧力をかけられるような状況に持っていけるものなのか。どことなく地政学的リスクを忘れてしまったみたいなようであるマーケットのほうに危うさを感じずにはいられない。

 今晩も経済イベントが少ない。やはり北朝鮮からの報道がトピックの中心とならざるをえないだろう。北朝鮮の反応はもちろんのこと、中国・ロシアの見解も大事なところである。


日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る