ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

FRB報告書は引き締め不安を解放、
ドル円頭重いが新議長の証言待ち

2018年02月26日(月)15:44公開 (2018年02月26日(月)15:44更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 先週の金曜日はアジア時間にドル円が持ち上がって107円台に乗せてきたが、欧州時間になって失速。106円台に沈んだことによって、目先の頭は重たそうだという印象を投げつけた。

 私もニューヨーク時間からはドル円のショート攻めを何度か挑んでみたのだが、なかなかスンナリと落ちていかないと持っている時間もばかばかしい。なので、同値でやめたりすることを繰り返していた。これ以上は動かないのだろうと思い、勝負は翌週に持ち越すことにした。

 しかし夜中に出たFRBの金融報告の中で、現状のインフレ水準に満足している趣の見解が示されたことで、金融マーケットはタイトニングに関する不安から解放されたようだ。ドル金利の上昇ピッチはやや止まり、それにともなって米国株は大幅上昇。マーケット全体としては原油高もあいまって、リスクテークの状態となって週を終えている。

 今週はパウエル議長の議会証言も控えており、ドル金利の動向に敏感にならざるをえないだろう。今月になって始まったのは雇用統計における賃金上昇の度合いから見たインフレ圧力の増大であり、それを金曜日の金融報告で行き過ぎた観測をちょっとだけ元に戻したという状況だ。

 インフレというのは長期指標であるから、もっとたくさんのデータを見てみたいというのが実感なのだが、マーケットは先取りしたがるものだから、パウエル議長のコメントの中からも何かを組みだそうと躍起になるだろう。

 ドル金利のうち、短期金利に関してはFRDの金融政策において年内の利上げが3回か4回かを確かめることとなる。一方で長期金利のほうは10年ものの利回りで3.0%の心理的な節目を突破するのかどうかで、今後のビューが変わってくるものと思われる。ドル金利の褒章は市場の値動きの不安定さを増すことは間違いない。

日本時間 15時30分

 

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る