ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ポンド/円は半値戻しに届かず140円割れへ。
円高の流れはクロス円を中心に継続!

2018年03月01日(木)15:43公開 (2018年03月01日(木)15:43更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■米ドル/円はオプションが絡んだ攻防へ

 みなさん、こんにちは。

前回のコラムでご紹介させていただいたように、米ドル/円は、2月16日(金)に105.50円台に到達して以来、調整局面入り。

 今年(2018年)に入ってからの円高のスピードが極めて速いので、これは仕方ないところ。

【参考記事】
米ドル/円は一気に目標の105円台へ到達! いったん調整後、次のステージは100円へ(2月22日、西原宏一)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

 加えて、マーケットでは、米ドル/円の巨大なオプションが話題になっています。

 まず、107.00円

 マーケット参加者によれば、3月9日(金)までは、米ドル/円の107.00円のオプションが80億ドルあるとのこと。

一方、ダウンサイドですが、3月7日(水)まで105.50円に51億ドル残存しているとのこと。

米ドル/円 日足
米ドル/円 週足

(出所:Bloomberg)

 マーケットはオプションだけで動くわけではありませんが、これだけ巨額なオプションの行使期限が控えていると、米ドル/円マーケットに少なからず影響を及ぼします

 このオプションの影響を考慮すれば、当面、米ドル/円は105.50円~107.00円の±50pips、つまり105.00円~107.50円程度のレンジ圏内で推移する可能性が高まります

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:Bloomberg)

 これにより、方向性では取りにくいかもしれませんが、今年(2018年)に入って米ドル/円のボラティリティが上がっていることを考えると、このレンジ圏内(105.00円~107.50円程度)で何度も往復する可能性が高いといえます。考え方によっては、悪い相場ではありません。

 個人的には最終的にブレイクするのはダウンサイドだと思っているので、押し目でロングにせず、あくまでも米ドル/円のコアショートを維持しながら、セル・オン・ラリーの予定です。

【参考記事】
米ドル/円は一気に目標の105円台へ到達! いったん調整後、次のステージは100円へ(2月22日、西原宏一)

 米ドル/円が105.55円に到達して以来…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る