ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ポンド/円は半値戻しに届かず140円割れへ。
円高の流れはクロス円を中心に継続!

2018年03月01日(木)15:43公開 (2018年03月01日(木)15:43更新)
西原宏一

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

■円高の流れはクロス円で継続

 米ドル/円が105.55円に到達して以来、円高のスピードは沈静化。いったん調整モードに入っていますが、米ドル以外の通貨に対しての円高の流れは続いています。

そのカギを握っているのが株。

 2月28日(水)のNY市場では、米国株が反落。NYダウは、前日比380ドル安の2万5029ドルでクローズ(=1.50%急落)。引けにかけて大きく値を下げた展開でした。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:Bloomberg)

 呼応して、本日(3月1日)の日経平均は、本稿執筆時点で前日比360円安の2万1740円で推移しています。

日経平均 日足
日経平均 日足

(出所:Bloomberg)

 結果、リスクオフでクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)が下落。

 ユーロ/円は129.95円レベル、英ポンド/円は146.60円レベルで軟調に推移しています。

世界の通貨VS円 4時間足
世界の通貨VS円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 4時間足

 ユーロ/米ドルが極めて強烈なレジスタンスを形成していた1.2500ドルレベルを上抜けず反落していること、加えて、ユーロ当局者からのユーロ高牽制コメントもあり、クロス円ではユーロ円の下落が注目されています。

【参考記事】
米ドル/円が105円台まで下落したワケは? ユーロ/米ドルと金の高い相関性に注目!(2月19日、西原宏一&大橋ひろこ)

ユーロ/円 日足
ユーロ/円 日足

(出所:Bloomberg)

■英ポンド/円は半値戻し届かず140円割れへ

 個人的に注目しているのが、英ポンド/円。

 2月28日(水)の欧州市場では、メイ英首相が「EU発表の離脱文書草案、同意する英首相はいない」とコメントしたことで、英ポンドが急落。英ポンド/円は150円を大きく割り込み、一時146.48円まで急落しました。以下は、英ポンド/円の週足チャートです。

英ポンド/円 週足
英ポンド/円 週足

(出所:Bloomberg)

 英ポンド/円は、2015年6月の高値が195.88円(米ドル/円は125.86円に到達)。安値はフラッシュ・クラッシュが起こった2016年10月につけた121.61円です。

わずか1年4カ月で約74円もの暴落となりました(昨今の仮想通貨なみのボラティリティ)。

 その後も、ハードBrexit(英国のEU離脱)に関する報道を材料に英ポンド安のセンチメントが続きました。

 しかし、英ポンド/円のマーケットは、悪材料を充分過ぎるほど織り込んでおり、実際の値動きはまったく逆。英ポンド/円は続伸し、一時156.61円まで到達。

 ただ、フィボナッチリトレースメントでは50%戻しが158.75円となるため、この水準までは届かず反落していることになります。エリオットも5波動を終了しています。

 昨年(2017年)の英ポンド/円の急騰により、マーケットは、ハードBrexit関連のニュースに対する警戒心が後退しているため、現在の英ポンド/円相場はネガティブニュースに極めて耐性が弱い環境ともいえます。

英ポンド/円 日足
英ポンド/円 日足

(出所:Bloomberg)

 結果、英ポンド/円は調整に入った可能性が高まっていると想定しています。

 総じて、クロス円が弱い環境下、英ポンド/円はまず、140円割れまで反落するのではないでしょうか?


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較
バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る