ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

今年の最安値から反発のドル円、
イベント少なく要人発言に注意!

2018年03月26日(月)16:10公開 (2018年03月26日(月)16:10更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 金曜日のアジア時間では日本株の下押し圧力が異常に強まって、ドル円も104円台の後半という今年の最安値を這いずり回る展開となった。しかし欧州序盤では最近の例にもれず、ドル円はショートカバーが優勢となって105円台まで値を戻してきた。

 問題はこの後だ。このまま買っていくべきなのか、絶好の戻しと考えてショートを仕込むべきなのか。トレンドとしては明らかに下向き。だからドル円を売っていくのが正攻法であろう。

 その後は何度も104円台に突入するものの、すぐに105円台まで反発してしまう。米国株も大幅に下げた後だけに、やや反発気味でスタートしたのだから、リスクテークもしてみたいというところなのだろう。ニューヨーク時間の午前中は、ドル円は105円ちょうどをはさんで行ったり来たりとなった。

 私はつまらないと思って早々に寝たのだが、夜中の3時過ぎからリスク回避は再開したようである。米国株が大きく下げに転じたとともに、ドル円も上値が重くなってきた。またクロス円も総じて戻りがない。

 米国株は依然として貿易戦争に不安を感じているらしい。しかし為替相場でのリスクオフは限定的だったといえよう。あまり円高が進まなかったからである。

 週明けの今日は早朝に何かの動きがあるかと思ってみていたが、おもしろい動きはなかった。ドル円は安いところから始まったが、東京時間を通じて買い戻しが先行して105円台にも値を戻したりしている。やはり海外市場でのリスクの動向を測らないといけないようだ。

 今週はあまり大きなイベントがない。強いて挙げれば明日の証人喚問くらいだが、どうせ爆弾発言は出てこないと思われているので、マーケットを動かすような材料にはなりそうもない。やはりトランプ政権からの要人発言が待たれるところ。今週もそれらの突発事項に一喜一憂することになるだろう。


日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る