ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロドル下落に緊張感なし、
ドル円110円台戻したが売り待ち

2018年06月20日(水)15:53公開 (2018年06月20日(水)15:53更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はアジア時間の早朝に、トランプ大統領が対中関税を引き上げると突然、発表した。これで一気にリスク回避が進んで、グローベックスでは米国株が大きく下げた。それにつられる形で主体性のない日本株も大幅安に。

 ドル円は下落圧力にさらされて、110円台を簡単に割り込んで109円台の中盤まで沈んだ。いうまでもなくリスクに弱いクロス円の下げが主導している。欧州時間になってもリスク回避の流れは変わらず。

 ユーロ円の下げのせいでユーロドルが1.15台のミドルまで下げてきているというのに、マーケットに緊張感は見られない。ユーロドルの今年の最安値は1.1510だというのに、プライスアクションは実に落ち着いているのである。ユーロ円は126円台の中盤まで下がって、しばらく停滞。

 ここ最近はニューヨーク時間では大きく株価の下落が起こっても、終盤にかけて買い戻される。大幅安だけは回避してきているのである。だからニューヨークのコアタイムだけ眺めると、強力なリスクテークが起こっているように思えて仕方がない。

 この日もグローベックスセッションでたいへんな大幅安を演じていた米国株だったのだが、どうせまた戻すのではないかという疑念と期待があいまって、ニューヨーク勢の参入を迎えた。私はドル円を109.84でショートにしてまっているところ。

 やはりというべきか、ニューヨーク時間では米国株が反転、買い戻された。ダウ平均は6日続落と言っているが、なんか毎日、ものすごい買いものばかりが出てくるように見えて仕方がない。連日のパターン通りとなってしまった。私も110円ちょうどでストップアウトして終了。

 今日は20日で、本来ならば日本の国会の最終日。そして粛々と内閣不信任が出されて、また粛々と否決されるという段取りになるはずであった。それが森友問題で時間を空費してしまったため、カジノ法案が審議できないでいる。

 十分な時間を確保するために1カ月ほどの会期延長になる模様だ。しかし日本の問題はマーケットの材料にはならず、日本人はサッカーのコロンビア戦の結果だけが話題となっている。あまりにも事前の盛り上がりに欠けていたこともあり、またコロンビアにはまずは負けるだろうと思われていたので、逆の意味でのサプライズだった。

 今晩も米中の貿易問題をはじめとした、市場リスクのありようが注目される。私としてはまだまだリスクオフが続くと考えているので、ドル円は戻り売りを基本スタンスに構えている。

日本時間 15時30分

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る