ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

EUとは合意でリスクテークだが、
ドル相場むしろダウンサイドを意識

2018年07月26日(木)16:02公開 (2018年07月26日(木)16:02更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はアジア時間では、ドル円は111円台の前半で推移。そうしても上サイドに抜けていけないだけの重さが感じられた。欧州時間に入ると、その重さが目立ってきて、ドル円は110円台に突入したりもした。しかしユーロドルも含めて、総じて為替相場は小幅な動きにとどまった。それはEUとアメリカの会談の結果待ちのためだった。

 アメリカとEUの代表者同士の会談は、大方の予想通り、二人で握手してにこやかに終わった。合意できたのは工業製品の関税を撤廃に向けて努力すること、EU側が米国産の大豆やLNGをもっと多く輸入するべきことなどである。

 予想された落としどころよりももっと質が悪い感じがしないでもないのだが、それでも両者の合意を見ることができたことを好感してマーケットは一気にリスクテークに向かった。ニューヨーククローズ間際に米国株は大きく上昇し、ドル金利も目立って低下にした。ドル相場も下げるには下げたが、ダイナミックな動きではなかった。

 しかし1時間おいての早朝のマーケットでは、その反動が出てきている。グローベックスでの米国株は調整売りが入り、大きく値を下げている。会談から出てきた内容に大したものがなかったことを反省しているのかもしれない。

 EUとの対立に見せかけているのも、単なる政治的なパフォーマンスなのだろうということになると、買い上げた分のリスク回避は出てきても不思議ではない。

 ともかも重要なのは、EUとの会談が終わってドル相場が上がらなかったという事実である。これが何を意味するのかは後で講釈されることであって、今の眼前の相場に向かってはドルの戻り売りスタンスで臨まないといけないということになる。ドル円でいえば下値のメドがどこまでだ、と枠をはめずにしばらくは見ていかないといけないだろう。


日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る