ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報
バックナンバー

メタトレーダー4(MT4)にログインできない!
「Build1118」以前なのが問題かも。対処法は?

2019年03月26日(火)東京時間 15:00

ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4]は当サイト限定で3000円キャッシュバック!

■「Build1118」以前のMT4はサポート終了

 メタトレーダー4(MT4)といえば、メタクオーツ・ソフトウエア社(MetaQuotes Software Corp.)が開発した、FXトレーダーに人気のツール。

 機能性、カスタマイズ性、拡張性に優れていて、FX会社が提供しているオリジナルのテクニカル指標や、メタトレーダー4(MT4)用に販売しているEA(自動売買ソフト)を、あとから追加して使うこともできる

メタクオーツ・ソフトウエア社の公式ウェブサイト
メタクオーツ・ソフトウエア社の公式ウェブサイト

 そんなメタトレーダー4(MT4)だが、開発元のメタクオーツ・ソフトウエア社は随時、システムのアップデートを実施していて、2018年12月には、PCインストール版メタトレーダー4(MT4)の最新版「Build1170」がリリースされた。

メタクオーツ・ソフトウエア社の公式ウェブサイト
メタクオーツ・ソフトウエア社の公式ウェブサイト

 そして、2019年3月1日以降、「Build1118」より古いメタトレーダー4(MT4)では、サポートが終了。これに伴い、口座にログインすることもできなくなった。

【参考記事】
MT4のアップデートが一大事!? ユーザー必見の「ビルド600(Build600)系問題」とは?
突然MT4が使えなくなった方必見! バージョンの確認とアップデート方法!

 突然、メタトレーダー4(MT4)が使えなくなってしまった、口座にログインできなくて困っているという人は、「Build1118」以前のメタトレーダー4(MT4)がインストールされているのが原因かもしれない。今回は、その解決方法や注意点などについて紹介しよう。

■ログインできないのはBuildが古いことが原因? 確認方法は?

 先ほども紹介したとおり、2019年3月1日以降、「Build1118」以前のメタトレーダー4(MT4)は、サポートが終了し、ログインができなくなった。

 これに伴い、「Build1118」以前のメタトレーダー4(MT4)がPCにインストールされているという人は、最新の「Build1170」へのアップデートが必要になる。

 「Build(ビルド)」という言葉は聞き慣れない人もいるかもしれない。「Build(ビルド)」は「Version(バージョン)」という言葉と同じようにソフトウェアが改良されたときに更新される数字。そのことに変わりはないのだが、一般的に言って、2つの言葉の厳密な意味合いは異なっている(長くなるのでその詳細は略す)

 メタトレーダーの場合、VersionとBuildの2つの数字が使われているが、Versionはメタトレーダー4(MT4)がすべてVersion4.00、メタトレーダー5(MT5)がすべてVersion5.00となっており、Versionについては小数点以下の細かい数字は「.00」のまま変更されていないようだ。

メタトレーダー4(MT4)とメタトレーダー5(MT5)のVersionとBuild
MT4とMT5のVersionとBuild

 その代わり、メタトレーダーではBuildの数字が結構更新される。一般的なソフトウェアではバージョンアップという言葉がよく使われるが、メタトレーダー4(MT4)の場合は、「Buildの数字が更新されること」が一般的なソフトウェアのバージョンアップに該当するようだ。

 今、使っているメタトレーダー4(MT4)のBuildがわからない人は、取引画面のメニューにある、「ヘルプ(H)」→「バージョン情報(A)」というメニューから確認することができる。

メタトレーダー4(MT4)のBuildを確認する方法
メタトレーダー4(MT4)のBuildを確認する方法

 もっとも、何か特別な設定をしていない限り、メタトレーダー4(MT4)の起動時にポップアップメッセージが表示されて、自動で最新版に更新されるしくみになっているので、普段からメタトレーダーを使っている人は問題なく最新版にアップデートされているはず。

 久しぶりにメタトレーダー4(MT4)を起動させたという人で、ログインできなくて困っているとしたら、Buildが古いことが原因かもしれないので、チェックしてみることをおすすめしたい。

■上書きインストール、再インストールの落とし穴とは?

 もし、自動更新ができない場合は、まず、口座を持っているFX会社のウェブサイトからメタトレーダー4(MT4)を上書きインストールしてみる。それでも、メタトレーダー4(MT4)が起動しない、起動するけれど固まってしまう…といったトラブルが起こったら、一度アンインストールしてから再インストールするといった対応が必要になる。

 ここで注意したいのが、メタトレーダー4(MT4)の上書きインストールや再インストールをすると、設定が初期化されてしまうということ。

 具体的には、あとから追加した、定型チャート、外部から取得したEA(Expert Advisor、エキスパート・アドバイザー)やインジケーターなどのファイルが消えてしまう。

 せっかくカスタマイズした設定が消えてしまうというのは避けたいところ…。そうした事態を防ぐには、あらかじめファイルをバックアップしておいて、その後、新しくインストールしたメタトレーダー4(MT4)の所定の場所にバックアップしておいたファイルを戻す方法がある。

 ファイルのバックアップ方法は簡単。メタトレーダー4(MT4)を起動したら、「ファイル(F)」→「データフォルダを開く(D)」を選択し、この中にあるフォルダごと別の場所にコピーしておけばOKだ。

メタトレーダー(MT4)のファイルをバックアップ
メタトレーダー(MT4)のファイルをバックアップ

 フォルダの中身を見てみると、「MQL4」にはEAやインジケーターに関するファイルが格納されている。また、「profiles」にはチャート組表示「templates」には定型チャートといったファイルが入っている。そのほか、「logs」にはメタトレーダー4(MT4)の動作記録、「history」にはチャートの過去データ、「tester」にはバックテストで検証したデータなどがある。また、「Config」については、FX会社ごとのメタトレーダー4(MT4)の構成設定が入っている。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:ザイFX!が作ったメタトレーダー(MT4)入門

 その後、メタトレーダー4(MT4)を上書きインストール、もしくは再インストールしたら、バックアップしたフォルダを元々あった場所(メタトレーダー4(MT4)のデータフォルダの所定の場所)に戻せば、元通りになるわけだ。

 ただし、バックアップしたフォルダを、メタトレーダー4(MT4)のデータフォルダに上書きするときにはちょっと注意が必要。

 記者がメタトレーダー4(MT4)を取扱うFXトレード・フィナンシャルに問い合わせたところ、インジケーターやEAなどを格納しているフォルダ「MQL4」に限っては、フォルダごと元に戻すと、メタトレーダー4(MT4)に設定が反映されなかったり、固まって動かなくなってしまう可能性があるという。

「MQL4」ファイルをそのままコピーするのはNG
「MQL4」ファイルをそのままコピーするのはNG

 この場合、バックアップしたフォルダ「MQL4」を開き、その中に入っているフォルダを全部選択してコピーして、メタトレーダー4(MT4)のデータフォルダから「MQL4」を開いて、そこにまるっと上書きすればOKだ。

「MQL4」ファイル内のフォルダをコピーすればOK
「MQL4」ファイル内のフォルダをコピーすればOK

 ちなみに、最新版の「Build1170」では、Windows7よりも新しいOSしか対応していない。WindowsXP、WindowsVistaといった、Windows7よりも古いOSでは、メタトレーダー4(MT4)を使うことはできないのでご注意を。

 さて、先ほど述べたとおり、メタトレーダー4(MT4)を上書きインストールしても正常に動作しなかった場合はメタトレーダー4(MT4)を一度アンインストールしてから再インストールするという対応が必要になる。

 そこで次に、メタトレーダー4(MT4)のアンインストールの…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2394人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 94810人 ザイFX!のtwitterをフォローする

ザイスポFX!about Meta Trader
ザイFX!編集部

このコーナーではザイFX!編集部がメタトレーダー(MT4)に関する、あらゆる最新情報をお届けします。
そのジャンルは「FX会社のキャンペーン」「FX会社の新サービス」「MT4インディケーター」「MT4便利ワザ」「MT4最新情報」の5つ。5つのジャンルごとにバックナンバー一覧も表示可能。メタトレーダー好きなトレーダーさん必見のコーナーです。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

記事ジャンル別バックナンバー

  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報


>>>バックナンバー一覧

■親サイト「ザイFX!」内のコンテンツ シストレ比較 ⇒EAにお任せでFXの自動売買! メタトレーダー(MT4)口座のシストレ比較はこちら

FX会社徹底比較

FX会社 スプレッド 申し込み
スプレッド(米ドル円) スプレッド(ユーロ円) スプレッド(豪ドル円) スプレッド(ユーロ米ドル)
楽天証券[楽天MT4]
詳細
0.5銭
原則固定
1.1銭
原則固定
1.2銭
原則固定
0.6pips
原則固定
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4・1000通貨コース]
詳細
0.3銭
原則固定
0.6銭
原則固定
0.6銭
原則固定
~9/30までのキャンペーン
0.5pips
原則固定
~9/30までのキャンペーン
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4・1万通貨コース]
詳細
0.8銭
原則固定
1.4銭
原則固定
2.0銭
原則固定
1.4pips
原則固定
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
YJFX![外貨ex]
詳細 ※MT4ではチャート表示のみ可能。取引はできない。
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.7銭
原則固定
0.4pips
原則固定
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
JFX[MATRIX TRADER]
詳細 ※MT4ではチャート表示のみ可能。取引はできない。
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.7銭
原則固定
0.4pips
原則固定
口座開設資料請求
ゲインキャピタル・ジャパン[MetaTrader4]
詳細
0.9銭
原則固定(13-17時は0.8銭原則固定)
1.8銭
原則固定(13-17時は1.0銭原則固定)
2.0銭
原則固定(13-17時は1.2銭原則固定)
1.5pips
原則固定(13-17時は0.9pips原則固定)
口座開設資料請求

「ザイFX!×MT4」が総力をあげてMT4が使えるFX会社の最新データを調査。徹底比較しています! 0913日更新

top-fxcompany-bottom-btn

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ザイFX!×メタトレーダー(MT4)トップにもどる
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1000通貨コース]

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

ザイ オンライン
ザイFX!に戻る
超図解メタトレーダー入門
ザイFX!メルマガ

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。