ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

過度な期待が薄れドルの買い戻し、
困難さ極まって行くFRBの市場運営

2019年06月26日(水)15:10公開 (2019年06月26日(水)15:10更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 夜中の要人発言では、ブラード総裁が「次のアクションは25ベーシスポイントの利下げだけでよい」といったことで、ハト派の姿勢がやや弱まった。そしてパウエル議長のトークでも、やはり利下げ期待の高まりを抑制する方向の発言をしている。これをうけて過度に高まっていた早期の利下げ期待は薄らいだ。

 それまで売り込まれていたドルに大きく買い戻しの機運が戻った。しかしドル円もユーロドルもドル高の方に向いたのだが、ドルの上値は限られていた。ニューヨーククローズに至るまでに、ドル円は再び軟化し、107円ちょうどを割れそうなところまで落ちてきている。

 利下げ期待が強すぎたのは、パウエル議長の指摘する通りだ。「短期的な見方やデータにはスタンスはブレない」というのも、金融当局者としては当然に姿勢であろう。しかし問題は残る。7月に利上げするには、6月で何もしなかった理由も説明できなくてはいけない。

 また次回の9月まで待てなくて、なぜサマーバカンスに入っている時期に利下げするのかについての説明も必要だ。それを十分に満たしてくれるだけの根拠は何が出てくるのかどうか。

 確かに月末にG20が控えているので、その結果を見たいという気持ちもあろう。しかしトランプ政権の姿勢はマルチラテラルな会合よりも直接の2国間協議を優先しているのは明らかだ。それゆえのTPP離脱でもあったろう。米中協議はG20の場で解決されるべきという意気込みは、アメリカ側には少ないはずである。

 そのようなものの動向を待っているというのはおかしな話しでもある。途中に出てくる経済データで重要なものは、雇用統計が1回分とGDPの速報値である。果たしてこれだけでペースを守らないで金融政策を変えさせる材料になるのかどうか。

 米企業決算が7月中旬から本格化するが、これを見てからと言うのはマクロ経済を操る当局者の取るべき施策とは言えないだろう。先行する様々なマクロ指標で判断して企業業績を見通すくらいでないと、金融政策を打っても後手に回るだけで効果は少ないものとなろう。

 最後にイランとの紛争があるが、戦争が起こるのを期待しているわけではないのだから、これに対して「予防的な利下げ」をするのは、あまりにも政治面に迎合が過ぎると批判を浴びることにつながる。

 ともかくもFRBが7月利下げを正当化する根拠が薄弱な分だけ、マーケットの不透明感が高まっているとも言える。現在は米国株がまだ高いところに張り付いているので問題視されないが、何かのきっかけで株価が崩れる兆候が見え始めると、FRBは困難な市場運営を強いられることになりそうだ。

日本時間 15時00分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る