ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

GSOMIA失効も控え為替相場も小動き、
ドル円の値動きを要ウォッチ!

2019年11月22日(金)15:07公開 (2019年11月22日(金)15:07更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 あと数時間過ぎて午前0時となれば、日韓GSOMIAの失効が訪れる。すでに韓国側が8月に破棄を通告しているので、何もしなければ自動的に無効となる。継続するのであれば、なにがしらのアクションを起こさないといけない。この時点になっても、まだ継続に向けて努力しているようにも報道されているが、多くの見方として自然消滅は避けられないだろう。

 まずは日本側が態度を変えそうもないこと。安保マターと貿易を別に扱うとしていることだ。すでに多くのアダを成してきている韓国の姿勢には、容易にスタンスを変更しそうにもない。また毅然とした態度で臨むことも、民意となっているようだ。

 韓国サイドも輸出規制を元に戻さないと行動を起こさないと言い切ってしまっているので、いまさら妥協をしたら国民の反発を免れない状態になっている。結局のところ、失効しても構わないと思っているのが両者の存念だろう。もっと大事にすべき物があるというわけだ。

 ただ結果として現れるアメリカの態度は重要である。それゆえにアメリカに遠慮して、もしくは強引に言いくるめられて、日本か韓国が妙な妥協をするのではないかという観測がある。マーケットにとってはそれが最大のサプライズである。失望を伴ったサプライズとなる。

 昨日は海外市場で為替レートはほとんど動かなかった。ドル円は15ポイントしか動いていない。それもあってか、今晩のサプライズがあるのではないかと期待してしまう。サプライズがあったにしても、その反応には困ってしまう。協定の破棄が延期されるのだから、それは安保上の不透明要因の払拭につながる。

 だからリスクオンでかまえればいいのかというと、そうでもなさそうである。政治的な妥協を示すと、それは大きな失望を呼び込むことにもなる。だからリスクオフの流れになるかもしれないのだ。

 わかるのはサプライズだったら、相場がどちらかに大きく動くだろうということだけ。実際には日付の変わる頃のマーケットを見ながら、動いたほうについて行くだけしかないようだ。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る