ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

管製相場へのさらなる期待が強まり、
ドル円も頭重いが堅調さをキープ

2020年02月17日(月)15:08公開 (2020年02月17日(月)15:08更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 ウイルス感染の状況はまったく改善していないが、先週は慣れてきたものか、総じてリスクテークの流れが強まった。ドイツ株と米国株は連日の史上最高値の更新を繰り返し、リスク性に敏感なドル円やユーロ円も腰の強い展開が続いた。

 先週の金曜日はドル円は109円台の後半でステイ。110円台に戻らないのだから重いとも言えるのだが、下がらないのだから堅調だとも言える。比較的に着実に下がっているのはユーロ円のほうだ。これはユーロドルの重さが原因だ。

 今月になってユーロドルは1.0950を割り込んできてからというもの、相場の頭の重さが際立ってきている。これだけユーロが全面安をしてしまうのは、ユーロに関する政策期待が強まっているからだ。

 これだけ人の移動が制限されて、物品の調達も困難をきたしているところなのだから、経済活動にとっては明らかにマイナスだ。中国のGDPを直撃するのは当然だが、中国経済におんぶに抱っこだった地域の経済の低迷は免れない。

 明らかにリスクオフの材料であるはずなのだが、今年1年での金融緩和への期待が高まってきているのでリスク資産は値下がりしない形となっている。とくにドイツやアメリカでは金融政策に加えて、財政支出もあり得ると考えられているから、官製相場の動きが強まっていると言えるのである。

 とくにドイツの財政への期待は強い。ユーロ圏の中にあってドイツだけが財政の出し渋りを続けてきたからだ。そしてそのドイツの国内経済の動向を表す経済指標も弱まってきている。発表された最新のドイツのGDPはマイナス成長でこそなかったものの、ゼロであった。そして景況感も悪化している。

 ラガルド氏が新しいECB総裁になって、これから時間をかけて金融政策をレビューするといっているが、それには時間がかかる。しかし市場の動きはそれを先取りした動きなのだ。

日本時間 15時00分

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る