ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

FRBは電撃的に2回目の利下げ決行、
織り込み済みで米国株は大幅安

2020年03月16日(月)15:10公開 (2020年03月16日(月)15:10更新)
持田有紀子

FXのことをなんでも相談できるオンライン交流会がスタート! 田向宏行さんがチャートを交えて直接答えてくれた!

 木曜日に史上最大の下げ幅を記録した米国株だったが、金曜日には史上最大の上げ幅を演じた。それだけ市場の安定性が欠いているからでもあるが、それを証するかのように日米ともに株価のボラティリティは60%台にまで達している。

 実際にそれだけ株価の上下動は激しい。一方的に上がったり下がったりするだけでなく、大きく下げていたものが、いかにも何ごともなかったかのように急上昇して前日比でプラスしたりするのだ。値段が軽いのだとも言える。

 この軽さは他の相場にも影響を与えている。為替相場ではドル円が101円台まで突っ込んでいたのに、週の終わりには108円台まで値を戻しているのだ。こうしたマーケットのレベル感のなさは今週も続くであろう。ポンドもひどい。

 ポンドドルは先週だけで1000ポイント以上も落ちたのである。BREXITでも米中協議でもほとんど動かなかったのに、ポンド安が目立ってきている。これは果たしてドル高の精だといってよいものかどうか。対照的にユーロドルは、それほども激しくは動いていないのだ。

 原因は言うまでもなくコロナウイルスによるものであって、どこまでいけば問題解決になるのかが見えないからである。そうした不安心理いっぱいのなかでも、安全資産の高騰が収まったようにも見える。

 パニックの際の逃げ込み先としての米国債も、先週のはじめに0.31%台まで突っ込んだ後は過激な利回り低下も一服している。週の後半に向けては株価がどうなろうと利回りは上昇のほうに向かっており、1.0%台を回復してきている。これをどう評価すべきなのか。

 市場のパニックの様相はコモディティの世界にも現れている。ドル金利が低下すると値段が上がりやすいものとされる金や銀が、先週の後半で急落しているのだ。これは米国株の崩れで資産保全のための換金売りが出てきているものとされる。ついでにビットコインも大きく下げてきていて、見る影もない。

 今朝がFRBの100ベーシスの電撃利下げがあった。しかし市場にはすでに完全に織り込まれてしまっていただけに、マーケットでポジティブな反応は見られていない。むしろ材料出尽くし感からのリスク回避が起こっており、早朝から米国株は制限値幅いっぱいまで下げきっている。ドル金利の下げだから為替相場ではドルの全面安となっているのは言うまでもない。

 今週の注目材料はFOMCと日銀会合であった。すでにFOMCを待てずに2回の電撃利下げをしてしまった後のFRBの対応が見どころだ。また日銀も副作用を承知の上で深掘りできるのかどうか。

 しかしそのFOMCも定例の分は中止にされ、日銀会合も今日の午後に開催されることとなったが、出て来たのはETFの拡大だけ。日銀のアクションでも株安の流れは変わることはなく、海外勢の出方も大いに気になるところである。


日本時間 15時00分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年3月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 バイナリーオプション比較 CFD口座おすすめ比較
キャンペーンおすすめ10 バイナリーオプション比較 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る