ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

悪材料も多いがインフラ投資への期待、
引き続きユーロ円の動き要ウォッチ!

2020年06月17日(水)15:08公開 (2020年06月17日(水)15:08更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日は米国株が大きく上昇した。これはトランプ政権が1兆ドルものインフラ投資を検討しているらしいと報道が流れたからだが、それに見合うだけの悪材料も出ている。まずは北朝鮮での騒動だ。

 予告通りに連絡事務所を破壊したことで地政学的リスクは高まったが、それでも韓国の方の姿勢が依然として軟化しているので武力衝突に至らないだろうという楽観的な見方の方が強い。またパウエル議長が議会証言をして前日と同じような内容の発言をしたが、これとても市場に再度の恐怖感を増幅させることはなかった。

 もっとも影響したのはニューヨーク時間に出た北京の非常事態に関する話しだ。警戒レベルを引き上げたのだ。これが第2波を連想させ、それまで上げてきていた米国株の流れをいったんはせき止める格好となった。

 しかし総じて経済回復への期待だけは高く、金融支援もあることから米国株はゲインをキープし続けた。相変わらずドル円は107円台の前半で小動き。それでもマーケットの悪材料によってクロス円は明確に落ちた。

 ユーロ円も再び120円台まで落ちてきて、ネックラインとなっている120円ちょうどが視野に入ることになった。ユーロ円も120円から124円の間のボックス圏に入ってしまった感があるので、そのどちらかを抜けてこないと為替相場全体がダイナミックに動き出すことにはならないのだろう。

 今晩もパウエル議長の発言があるが、これには期待がだいぶ薄まってきている。最近のトークの繰り返しになるのが明らかだからだ。株価が大きく動いても為替相場にあまり影響を与えないのは、ここ数日の動きで明らかなのだ。

 となると注目点はコロナウイルスの状況ということになる。北京や南米が気にかけられているが、活動再開をしだした欧米からのバッドニュースにも気をつけたいところである。

日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る