ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

悪材料が並んだが為替相場は動きづらい、
第2波への警戒ドル買いにつながるか

2020年06月25日(木)15:34公開 (2020年06月25日(木)15:34更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 ドル円は大きく動かないながらも、107円台は重くなりつつあるのは確か。それでドル円の戻り売りを試みるのだが、そういう地合いだからなかなか相場が戻らない。106円台の後半で売ろうと思って待っていると、ニューヨークオープンまでは何もできなかった。

 ECBのエコノミストが復興ファンドに関するPEPP資金は、ばらまきにも使わないし、無制限ではないと発言した。これは先日に盛り上がったのと、ちょうど反対の話しである。それで瞬間的にユーロ売りになった。30ポイントほどユーロドルが下がったが、すぐに元に戻ってしまった。

 相変わらず経済指標や要人発言ではマーケットは動かない。IMFが今年の成長見通しを下方修正したが、これとても市場にリスク回避を起こさせるには力不足だった。アメリカが欧州に対してチーズやビールなどの輸入品に関税をかける検討をしていると報道され、これでようやくリスクオフの動きが出てきた。

 それとともに米国内での感染者の増加が嫌気された。そろそろ規制解除も考えなおしたほうがいいのではないかという意見も出てきた。ドル円もちょうど106円台の後半まで上がってきていたのだが、第2波ということになると再度のドル買いが巻き起こされるかもしれない。

 それが怖くてドル円のショートは断念したのである。その後は107円台に乗せてきたが、ビッドが強く、なかなか下がらない展開となってしまった。かといって、跳ね上がる様子もない。

 ドル円は107円台が重たくて、ユーロ円は120円ちょうどがボトムとしてサポートされている。その間にはさまれる格好で、なかなか動きづらい状態が続いている。ユーロ円が119円台に突入してくればドル円を突っ込み売りしていっても構わないのだが、現状ではレンジ相場が続きそうだ。

日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る