ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスク循環がすっかりパターン化、
ドル円の膠着状態はしばらく続きそう

2020年10月21日(水)15:06公開 (2020年10月21日(水)15:06更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 先週の後半から資本市場のリスクの変化は、時間的にパターン化してきている。ニューヨーク時間は米国株が高めで推移し、そのまま高値追いの展開となるのだが、ニューヨーククローズの1時間前ほどからは大きな売りものにさらされ、大幅に急落する展開。

 そしてすぐに始まるアジア時間の早朝でのセッションでは、グローベックスで米国株は大きく切り上がるのだ。そのまま東京市場に入り、リスクテークの流れは欧州時間まで継続するというもの。

 このひとつの理由には、米議会での追加対策の合意の状況が絡んでいる。ニューヨークオープンまでは今日こそは合意に至るではないかと、期待だけが先行。そしてニューヨーク時間の午後になっても何も出てこなかったら、「今日もダメか」ということで取り過ぎていたリスクの調整が起こる。

 しかしアジア時間では当事者からの発言を拾ってきて、それで再び合意するのではと言う根拠のない期待だけがマーケットを支配して、それが株高を演じているという感じである。

 東京時間では日本株は高い水準をやるしかチャンスがないわけで、日本株は割高に放置されているとは言え、それを身ながらのドル円のショート攻めはしにくい状況が続いている。

 そうしたリスク循環のなかで、ドル円は膠着状態を続けている。しかし一方でユーロは欧州時間にレベルを切り上げている。ドル円が動かない分だけ、ユーロ円やポンド円といったクロス円が値上がりしている。

 今晩は大きな経済指標はない。ニューヨーククローズ後にテスラの決算発表があるくらい。しかし最近はハイテク大手といえども、それはマーケットの流れを変えるような事は少なくなってきているようだ。市場はすでに大統領選の結果を見てしまいたいという思惑でいっぱいなのだろう。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る