ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ECB要人発言がドルの長期金利にも波及、
パウエル議長待ちだがユーロ円ショートか

2021年03月04日(木)15:39公開 (2021年03月04日(木)15:39更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は欧州時間でECB筋からの見解で、PEPP資金の追加投入はなさそうだという話しが伝わった。つまり追加の金融緩和で、債権の買い取りなどは増額しないということだ。市場が緩和姿勢を期待していたわけではなかったが、これはユーロの金利高要因だ。欧州債が少なからず値を下がる過程で、ユーロも買い上げられた。

 ユーロドルは1.21台に乗せてくる局面もあったが、それはあくまでも短期筋によるショートカバーの範囲にとどまった。マーケットはユーロがタイトニングにシフトするとは見なしていないということだ。

 また一方でIMFでもマイナス金利の深掘りについて前向きな意見が示されたことで、世界的な金融緩和は継続されそうだとの認識を新たにしたようだ。ユーロドルは50ポイント以上も下落し、1.20台のミドルまで押し込まれた。

 そうした金利動向の不透明さは米国債にも波及した。ニューヨーク序盤では10年ものの利回りは上昇し、1.50%に迫るところまで上がってきた。これが再び資本市場に不安を与える形になって、米国株は上値の重い展開を強いられた。

 ドル円の動きはドルとしてユーロドルとほぼ同じような動きをした。ドル円は107円台に乗せてきはしたものの、買い戻しのストップ注文はたまっていないようで、まったく値段は跳ねない。米国株が安いのでリスクオフとしてユーロ円が下がりそうなものなのに、129円台をキープしているので、それに絡んだ円売りのフローも相当数出ていたようだ。

 昨日は米国株の押しが意外に強かったので、今日の注目はやはり米長期金利の行方となろう。そんななかパウエル議長の講演も注目を集めているが、10年ものが1.5%を越えてくれば、再度のリスクオフとなりそうだ。昨日は手が出なかったが、今日はユーロ円でも売り込んでみようと思う。


日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る