ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

議事録は想定内でも米債の挙動は気がかり、
しばらくはテクニカル重視のトレードで

2021年04月08日(木)16:34公開 (2021年04月08日(木)16:34更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日は為替相場は小動きだった。ドル円は1日を通じても30ポイントほどしか動かなかった。ユーロドルは貿易収支が出た後に1.19台に乗せたりはしたものの、ニューヨーク時間のコアタイムでは振り落とされている。

 昨日のFOMC議事録の公表でわかったことは、依然として金融当局は現在の物価高を一時的なものと考えていること、および雇用を含めた経済の回復までにはまだ時間がかかるという認識でいるということだ。

 これによって早期タイトニングの観測は打ち消された格好となったが、これまでは想定の範囲内である。問題は公表された直後の米国債の挙動である。

 公表されるまでは内容は従来の方針通りに緩和姿勢の維持を強調したものになるだろうということで長期金利は低下の一途をたどっていた。しかし公表されると、それが反転したのだ。昨日一日に限ったら、米国債は安値引けしてしまっている。これが以降の相場展開にいかに影響をもたらすのか、今後も長期金利の動向は要ウオッチとなる。

 ドル金利の行方が不透明さを増してきているので、ドル相場も上がるのか下がるのか見えにくくなってきている。しかるにテクニカル面からのアプローチが重要度を増してくるだろう。というよりも前日の高値や安値といったテクニカルポイントでも当てにしないと、相場を張っていられないということだ。

 今しばらくは方向感が見えてこないようなので、想定レンジの端っこでしっかりと逆張りしてポジションを作っておくのが得策かもしれない。いうまでもなくレンジをはみ出したら、即座にポジションカットである。


日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る