ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

米小売の数字に注目!
今日と明日は重要なイベントがいっぱい

2010年07月14日(水)19:15公開 (2010年07月14日(水)19:15更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日のアジア市場では、前日のニューヨーク市場の終了後に発表された企業決算を好感してリスクテークに動いていた。リスクテーク局面では買われやすいクロス円に引っ張られる形でユーロドルはアジア市場の前半に1.26台に乗せた後、中国株の下落でリスクテークに黄色信号が点ったが、なんとか1.25台後半で値を保っていた。ところが欧州市場がスタートすると、ポルトガルの格下げの話しが飛び込んできた。

 さすがにこのニュースを受けて1.25台前半まで急落。ユーロ円もなかなか割れなかった111円台を割れてきて、110円台ミドルまで下がってきた。アジア市場での株価失速を確認してからつくった私のユーロドルショートのポジション(@111.90)も、思いのほか早くフェバーになっていた。とりあえず半分だけクローズ(@110.90)してニューヨーク市場のオープンを待つことにした。

 21時半に発表になったアメリカの貿易赤字は予想外に増えていた。あまり為替市場への影響はなかったが、アメリカには旺盛な需要があるのかもしれないという気にさせるには十分だったかもしれない。さらにギリシャのファイナンスが成功したらしく、すっかり明るいムードに変わってきた。米国株も上々の滑り出しとなった。

 当然だが、私のポジションにはとても良い状況とはいえない。残りの半分を111.70でクローズして、スモールポーションだけ持ち越すことにした。朝見ると今週の高値112.38も越えていて、112.40に置いたロスカット注文もついていた(がっかり)。

 ニューヨーク市場の引け後に発表になったインテルの決算も予想より良いものだったため、本日のアジア市場ではリスクテークがさらに進むこととなった。ユーロ円もドル円も6月以来のレベルまで上がり、ユーロ円は113円台に乗せ、ドル円も89円台を回復している。そのままアジア市場ではドル円、クロス円は高値張り付きの状態で欧州市場を迎えた。
 欧州がスタートすると、ちょっと垂れ気味になってきた。今晩はアメリカの21時半の小売売上高がある。事前のコンセンサスではマイナス0.2%であるが、仮にプラス0.5%など良かった場合にはどうなるだろう。すでにインテルの話しからリスクテークの方向に大きく動いてしまっている。つまり上サイドへのインパクトはもうあまり多大とはいかないはずだ。むしろ悪かった場合には昼間の投げも出てくるはず。

 まあ私の予想を裏切ってリスクテーク方向に動いているのは事実で、本当ならばユーロ円もブル転しなければいけないところだ。しかしユーロ円は何度も113.30台では止められている。本日も113.20近辺で止まっているし、このあたりをバックにするつもりでロスカットを113.40に置いて、ちょっとだけまた先ほど売って(@112.95)みている。これまでのところグローベックスではアジア時間に米国株が高値をつけ、今はもじもじしている。明日もいっぱい重要なイベントがあるので、ずっと緊張した時間が続きそうだ。


日本時間 19時00分

8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
人気FX会社ランキング キャンペーンおすすめ10 CFD口座おすすめ比較
人気FX会社ランキング キャンペーンおすすめ10 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る