ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

下ブレークしたユーロドル一旦は買い戻し、
テイパリング意識で1.16台で突っ込み売りか

2021年08月19日(木)15:02公開 (2021年08月19日(木)15:02更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日の為替相場での注目は、ユーロドルの1.17台割れであった。アジア時間では1.17台の前半でウロウロしていたが、結局のところ、1.1700が心理的な節目としてワークしたようで、まったく下がることはなかった。

 ニューヨーク時間になって住宅着工件数の数字も出てきたが、あまりマーケットにインパクトを与えず。ニューヨークのランチライムになる頃にやっと1.16台に突入した。これはFOMCの議事録公開を控えての動きということもあるが、1.16台に入ってどのくらいの売り需要があるのかを見たいという意欲の表れでもあった。

 つまりはストップロスをつけにいったようなものだ。しかしユーロドルは深押しせず、1.1694まで。もっと急落することを期待していた筋からは、急激に買い戻しの流れも出てきた。

 そのFOMC議事録では、多数のメンバーが年内のテイパリング開始を支持する内容のものだった。だからといっても、これは想定の範囲内である。すでに個別の講演などで早期のテイパリング開始は語られてきたことだったから。それでマーケットのほうもファーストアクションとしては、ほとんど反応の薄い動きだった。

 しかし材料を欲していたマーケットとしては、それを改めて「テイパリングの開始を確認」したと認識したようで、それまでのリスクポジションを解消する方向での動きが盛んになった。ニューヨーククローズ間際の30分での動きである。米国株は大幅安となった。

 ドル円はやや買い戻されて110円台を見るに至ったが、米国株の下げとともに再び109円台に押し戻された。ユーロ円の下落とともにユーロドルも1.17台の前半まで押し込まれてきている。こうなるとユーロドルのショート攻めをしたいという気持ちが強くなってくる。戻り売りということではなく、安いところを突っ込んで売っていくのだ。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る