ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロ円は108円台へ突入!
狭いレンジ続いていたが下ブレーク?

2010年08月20日(金)19:16公開 (2010年08月20日(金)19:16更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 最近はなんだか同じパターンが続いている。昼間は日銀などのアクションへの恐怖もあって、ドル円は下げ渋る。ところが夜になると、警戒はしているものの、ファンダメンタルズが悪いことが確認されて一気にリスク回避の動きから円高に向かってしまう。結果として狭いレンジにこだわった値動きとなってしまうというものだ。

 日銀による実弾介入は2003年、04年の当時にはやった覆面介入のあとは絶えて久しい。しかし「そろそろなんかやるんじゃないか」といった思惑での為替相場のリアクションはまったく同じだ。

 私は中期的にはドル円をベア目で見ている。まわりを取り囲む外部環境を合わせ考えると自然とそうなるのだが、それでも目の前では儲けないといけないので、不用意にショートを張ってもいけない。昨日もアジア時間ではダメだろうと思って、少しロングにして遊んでみたりもしていた。

 東京市場では日銀の緊急会合という期待もあって、日本株も小高く推移した。私のドル円ロングもワークして85円台の後半で利食えたりした。しかし根っからのブルではないので、86円とか87円を見ているわけではない。しかるに高値追いは絶対やらないことに決めている。

 まただ~とあきれながらも、その後昨日の欧州時間ではドル円が垂れてきた。しかし海外市場でのディップは買わないようにしている。では売りこんでいけばとも思うのだが、さすがに85円の中盤以下で売るのは苦痛が伴うのも想像に難くない。どうせ売るならば、今年の新安値を付けてからでも遅くはないだろうと思ってしまうのだ。テクニカル的に判断するならば、ここはとりあえず絶好の逆張りどころでもあるからだ。

 失業保険はとても悪く、ドル円が85円台前半まで沈んできていたところに、フィリー指数が発表された。これがまたびっくりなことに、マイナスであった。ひじょうに悪い結果であった。米国株は今週買われ続けてきただけに、大量の投げ売り。ドル円も85円ちょうどを割れてきた。

 ここから攻めるならば、にわかにスケベロングで少量持って、上がればラッキー、下がって今年の最安値を更新したところで倍返しを敢行するしかなさそうだ。売るにしても買うにしても、ジャストここなのだ。私は85.03で買ってみた。ストップ注文は84.65で2倍の売りを置いて寝ることにした。
 結局のところ、ニューヨーク時間ではドル円の安値は攻めきれず。そしてアジア市場にはいってすこしだけ 戻している。結果的には良いところで買えたことにはなるが、50ポイントも上昇していない。だんだんと戻しの上値も切り下がってきているので、私は85.45でいったんクローズして、再び次の入りどころを探っている。

 今晩は何も経済イベントがない。注目は米国株の動向だけになるが、今の欧州株は軟調になっていて、ついにユーロ円は108円台に入ってきた。ちょっと様子が変わって来たかもしれない。私はさっそくユーロ円を109円割れてきたところでユーロ円をショートにして、米国市場のオープンを待っている。


日本時間 19時00分
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る