ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

インフレ警戒は根強くドル高も避けられず、
飛び乗るしかないが注意も必要

2021年09月30日(木)15:06公開 (2021年09月30日(木)15:06更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日は自民党の新総裁に岸田氏が当選した。それを契機に市場はリスクオンとなり、日経先物は反発。朝がたの安値である29325円からは500円以上の値上がりを示し、ナイトセッションでは29850円まで吹き上がっている。

 中国でも政府が不動産市場のケアに乗り出しそうだということで、アジア株もしっかりとしていた。それに比べると米国株の動きは緩やかだった。アメリカには大型の財政支出のための債務上限引き上げ法案が定まっておらず、それに加えてドル金利の上昇がリスクテークに踏み込めない状況を作っていた。

 ドル円も今年の高値圏でステイしていたが、ニューヨーク時間では112円台にまで上昇。原油価格が75ドル台と、こちらも今年の高値圏に位置しているので、どうしてもインフレ警戒感が出てしまい、それがドル金利の上昇をもたらしている。FEDの見解とは関わらずにマーケットが走っている分だけ、ドルの全面高も当面は避けられない感じだ。

 ドル円でもユーロドルでもドルの押し目買いスタンスということで臨むのが入りもやすいし、損切りポイントの見極めも容易となろう。というよりもドル相場は今年の最高値水準にいるのだから、値段を選んでいても仕方がないのであって、むしろ損切り幅だけあらかじめ決めておいて相場に飛び乗るしかなさそうだ。

 突発事項としては、アメリカの債務上限の引き上げ問題が解決された場合などがある。部分的にも与野党で合意すれば、政府機関のシャットダウンが回避されることになり、それ自体は米国債の買い材料となる。つまり金利低下だ。流れが変わってきてまでドルの上値を追求する必要はない。むしろドルロングのポジション調整を狙ってのドル売りでもよいかもしれない。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る