ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

原油価格は86ドル台へ
リスクテークが両刃の刃になってきた

2010年04月06日(火)19:11公開 (2010年04月06日(火)19:11更新)
持田有紀子

【GMOクリック証券】圧倒的人気で100万口座達成!最短即日で取引可能!

 昨日は朝方にドル円は94.78付近という昨年の8月以来の高値をつけにいったものの、引き続き欧州各国の金融マーケットはイースターで休場。オマケに中国の清明節まで重なっていたため、ほんとうに静かなものだった。連休明けとなる米国勢が出てくるまでは、動いてもしょうがない。私も夜まではお休みすることにしていた。

 アップルのiPad人気が明るいムードを盛りあげて米国市場はスタートした。さらにニューヨーク市場オープン後の経済指標はとても良い内容だった。中古住宅の予約などは、税控除のためという部分があったとはいえ、マイナス予想だったのに大幅にプラス。株高、コモディティ高となった。原油価格などは86ドル台に乗せてきた。また、リスクテークむんむん。ああ、これではクロス円かドル円の売りで構えようと思っていたのに・・・。リスクテークが活発になる時にはクロス円、ドル円は上昇しやすいので怖くて入れない。

 当然のようにコモディティ通貨も大いに元気づいた。なかでもドルカナダは1.0050を割り込んでくると、さらに安値更新し、ついにはパリティ(1.00)を割れそうになる寸前までカナダドル高が進んだ。実に2008年7月以来である。
 思えば当時、原油価格が140ドル台で、もう止まらないぞ!いよいよ次は200ドルだ!っていうような時だった。確かにここ最近の製造関連の経済指標は良いものは多く、原油価格が戻り高値を更新している。

 しかしこれは単に景気がびーんびんに良いという理由だけとは思えない。今はあまり問題にもなっていないが、かなり奥底で、しかし確実に横たわるインフレ懸念でもあるのではないかと、思わず心配してしまう。いつまでも世界中で金融緩和を続けることなどできない。

 ともかく昨晩のドル円の戻りは94.58付近までで、その後は94.40台に張り付いてしまった。私は何もしなかったが、朝見てみると94円台ちょうど付近まではついていた。チャートでドル円の時間をチェックしてみた。すると昨日の高値94.78付近から昨晩の高値94.58付近を結んだトレンドラインは下向きになってきていた。仲値決めに向けて私はドル円を94.25でショートにし、ロスカット注文をレジスタンスラインぎりぎりの94.40に置いた。

 ところが、かなりじれったい時間が続いた。。。
 ドル円は94円台ローで止まり、東京時間のお昼にかけてその位置にステイ。ようやく東京市場の午後になってマーケットが変わり始めた。豪州中銀の利上げの前にして、みんなにもハタと「それにしても、こんなに毎日株高を続いていると、各国の利上げも早まるのではないか?」という懸念が生まれてきたようだ。

 リスクテーク相場は両刃の刃なのだ。

 ドル円は93円台にダイブ。93.70レベルまで下落したが、欧州株は休み明けのキャッチアップモードで強いため、株価の上昇局面では買われやすいクロス円も切り返してきている。

 今晩は経済イベントが少ないが、本日の豪州を皮切りに、今週は各国で中央銀行の金利会合はおこなわれる。要人発言などには注意が必要だ。

 またいよいよイギリスが選挙モードに突入する。財政問題が大きな争点になるため、イギリスの選挙がらみで聞こえてくる話しはポンドに影響を与えるだろう。それにまたぞろPIGS問題も蒸し返されつつあり、欧州通貨全体がまた弱含くんでいく可能性もありそうだ。


日本時間 18時20分

8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 経済指標速報記事
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る