ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

アメリカはさんで北と南の金利会合は別の道、
注目の来週FOMCはどちらに向かうのか

2021年12月09日(木)15:24公開 (2021年12月09日(木)15:24更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 気の運もリスクテークの流れが続いた。とくにニューヨークオープン前にファイザー社が3回のワクチン接種で変異株を中和できるだろうと報告したので、それで欧州株やグローベックスでの米国株は急伸した。ドル円が50ポイントほども伸びて、前日の高値を超えてきた。それでこのまま114円台にも行ってしまうだろうと思ったので、私も113.77で買ってみた。

 しかしニューヨーク時間のコアタイムになると、それほども株価上昇は見られなかった。すでに今週に入って相当の上げ幅を実現しているし、そろそろ利食いも出てきそうな頃合いでもある。ドル円も113.95あたりまでしか伸びず、114円台には乗せなかった。そこで私も日付の変わる前にポジションをクローズすることにした。

 昨日はカナダ中銀が金利会合で利上げをしなかった。理由の一つには新種株に対する警戒もあったようだ。その一方でブラジル中銀は予想通りとは言え、150ベーシスポイントの利上げをした。アメリカを挟んで北と南。これが別のことをやっている。

 来週にFOMCを控えて注目が集まっている中で、間接的にカナダやブラジルがどうするのかと関心を集めたが、あまり参考にはならなかった。カナダもタカ派アクションを示せば、もっとすっきりするところだったのに。

 ところでアメリカに引き続き、オーストラリアも北京オリンピックでの外交的ボイコットを表明した。そもそも「外交的」というのが逃げを打っているようで、非難を恐れたポリティカルコレクトネスのようなものだとも思える。

 確かにオリンピックの開会式などに招かれて、そのまま首脳会談などを行うのが最近の潮流のようになってきてはいる。そして4年前の平昌オリンピックでは米朝会談につながったなど、その外交的効果はめざましいとも言える。

 しかし本来ならばオリンピックと政治は別物ではなかったのかとも思う。それは1980年のモスクワ五輪の時にさんざん議論したはずである。それなのにいつのまにか外交の場となっている。むしろ外交を中心に据えるためにオリンピックをやっているようにも見える。

日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後10万円以上入金&10万通貨以上取引で5000円がもらえる!

link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る