ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

予想以上に賃金が伸びてドル金利一段高、
リスク資産は反応薄だったが要注意!

2022年02月07日(月)15:05公開 (2022年02月07日(月)15:05更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 雇用統計の結果はやはり労働逼迫を表すものとなった。先日のADP調査に見られたように就業者数の大幅な減少はなかった。失業率はいっそうの低下もありと見られていたが、反対に上昇した。問題の賃金上昇率はプラス0.7%となって、事前予想を上回った。

 この賃金の上昇がマーケットを引っ張った。そしてドル金利は上昇。ドルの短期金利は一段高し、年内に6回分の利開けを完全に織り込んだ形となった。ドルの長期金利も上昇し、10年ものの利回りは1.90%を越えてきた。

 要人発言でも利上げを巡るものが目立っていて、BOEのベイリー総裁は「賃金上昇を抑制しないと、インフレを制御できなくなる」と警告を発し、ポンドの追加利上げを後押ししている。またサマーズ元長官が「年7回の利上げまで覚悟しておかないといけない」とインフレ警戒感を露わにした。

 ドル金利に導かれるように、ドル相場が上昇した。ドル円もユーロドルも40~50ポイントほどのドル高で反応。しかし積極的なドル買いはニューヨーク時間のランチタイムまでだった。私も雇用統計の直後からユーロドルを売って持っていたのだが、ほとんど同値で買い戻させられた。もう下がらないものは止めるしかない。ドルのロング攻めは、絶対に利上げしそうにもない対円でやったほうが得策なのか。

 さて今週はドル金利の上昇をどの程度までマーケットに消化されていくかが課題である。ドル金利の上昇の割には、米国株などリスク資産はそれほども落ちていない。株価が下がる過程でのクロス円の下落を狙いたいと考えている。ドル円を売るかユーロドルを売るかを選ぶとしたら、ユーロドルのショートがいいように思える。


日本時間 15時00分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る