ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロドルの値幅はたったの100ポイント!
ここからどちらにいくかが重要

2010年06月09日(水)19:22公開 (2010年06月09日(水)19:22更新)
持田有紀子

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 昨日の欧州市場では、アジア市場でリスクテークの動きとなったムードの良さをキープすることはでなかった。ドル円は東京市場のランチタイムには91円台後半、ユーロドルは1.19台後半まで戻して、欧州時間のスタートこそは、ドル円91円台ミドル、ユーロドルも1.19台のミドルで値を保っていた。しかしほどなく、ユーロドルは1.19ちょうど付近まで滑り落ちてきた。

 ユーロドルが1.19台の大台を割れて、月曜日の東京時間でつけた1.1875という安値を下回ってくると、かなりムードが悪くなっていくことになりそうだ。格付け機関からイギリスの財政赤字を不安視するような話しが伝わってきていた。当然のように、連想的にユーロ売りを助長していた。しかしポンドドルは下落したものの、5月の安値である1.42台に目指すほどでもなく、1.43台後半には踏みとどまっていた。その後に予定されるイベントもほとんどなく、マーケットは基本的に米国市場を待っていた。

 ニューヨーク勢が参入してくると、米国株は前日比でプラスマイナスゼロの攻防となった。注目のユーロドルを見てみると、結構しっかりと1.19台前半をキープしていた。とにかくユーロは売られる一方なので、弾みがつけば反発の勢いがでる素地はある。ユーロドルはロスカットレベルを月曜日の安値をメドにすれば、近めに置ける。ちょっとだけスケベ根性を出してロングにしてみることにした。

 またしてもこんな際どいところで逆張っているというのも、なんだか因果な性分だと思いつつ損切りを1.1870にして、スモールポーションでユーロドルをロング(@1.1920)にしてみた。ただなんといっても私もユーロには基本がベアスタンスである。ユーロロングのポジションを持って下手に相場を見ていると、思わず余計なことをしそうな気がした。そこで今週の高値付近である1.1990に利食いを置いて、もう相場は見ないことにした。

 どうなっているかと、恐る恐る朝になってからポジションを確認してみた。なんとビックリ、利食いがついてポジションはなくなっていた。ユーロドルは1.20台前半もつけていたようだ。しかしユーロドルはたったの100ポイントしか動かなかったことになる。私は損切り50ポイントだから、まあ利食いも70ポイントでもいいかと、ちょっと投げやりな置き方をしたが、ユーロドルの値動きがからすればとってもちゃちなトレードだった(笑)。
 今晩は要人発言が多くあるが、バーナンキ議長についてはさほど注目されていない。しかしEUのウェーバー総裁については、かなりドイツ寄りの立場である。このためユーロに対してネガティブな材料が出てくるかもしれないので、21時台は注目しておく必要がありそうだ。そして日本時間の明け方まえにベージュブックも出る。ベージュブックの内容は気にしておいたほうがよいが、これで金融政策が動くはずもない。

 欧州序盤のリスク回避のムードに押されているが、したがってやはりニューヨークオープンで払しょくできるかどうかが重要になってくるだろう。ユーロドルは1.18台後半から1.20代前半のあいだで小康状態を保っている。どちらに動くのかが、当面のマーケットのムードを決めるような気がする。


日本時間 19時00分

取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 メキシコペソ比較 トルコリラスワップポイントランキング
キャンペーンおすすめ10 メキシコペソ比較 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る