ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

原油価格の下落がリスクテークの背中押す、
利上げペースも重要な今晩のFOMC

2022年03月16日(水)15:20公開 (2022年03月16日(水)15:20更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 ウクライナ問題で停戦交渉は長引いているものの、ウクライナ大統領がNATO加盟を断念するなど歩み寄りの姿勢を見せ始めていることなどから、マーケットは楽観的な態度に傾いた。何よりも原油相場が92ドル台まで沈んできたのが裏付けとなって、リスクテークの背中を押した格好となった。ニューヨーク市場は序盤から大きく値を上げて始まったが、そうした流れは終わりまで継続した。

 翌日にはFOMCを控えているので、もはやウクライナ騒動を加味していないPPIには何の影響もなかった。ドイツやアメリカの景況感指数は大幅に下がってきたが、これとてもある程度までは想定の範囲内だった。ドルの金利は短期も長期もピンピンに上がったところで利上げモードに入っていくことになる。

 さて今晩はFOMCの結果発表である。市場のコンセンサスとして25ベーシスの利上げは完全に織り込まれている。これは先日のパウエル議長が数字を出して示したからだ。しかし これは提言するとしているだけであり、依然として50ベーシスの利上げの可能性も、ほんのわずかだが残されている。他の多くのメンバーが50ベーシスの利上げを主張したら、それには逆らうだけの正当性が足りないからである。

 もう一つの注目点は今後の利上げペースであろう。短期金利の市場では今後1年間に8回分の利上げを織り込んでしまっているので、それを織り込むことができているのかどうか。ウクライナの紛争の長引きが、どれくらい利上げバイアスを押さえ込むことができるのか、などなど。

 25ベーシスか50ベーシスかというところだが、もしも25ベーシスだけだったらドルを売って見ようかと思っている。いったんは激しい調整を強いられることになりそうだからだ。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る