ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

激しい値動きはどうやら一服感の為替相場、
ワクチンバブル分のはげ落ち余地あり?

2022年05月17日(火)15:30公開 (2022年05月17日(火)15:30更新)
持田有紀子

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

 どうも為替相場が激しい動きの状態から一服感が出てきてしまっているように見える。ドル円も上値攻めをしたが、何回やっても131円台まで。今までのところ、当面のテクニカル的な高値を形成したといえよう。

 しかしドルの絶対的レベルはドル円もユーロドルも高いところに張り付いているというのは事実であり、しかるにトレンドは変更なしと見るほうが無難だろう。とくにユーロドルはここからだとパリティもひかえているので、いっそうドル高方向には攻めにくくなる。パリティといっても心理的な節目なだけなのだが。

 コロナ感染で騒がれ始めたのは2020年の2月である。ダイアモンド・プリンセス号の時からであった。それを景気にマーケット全体がリスク回避に傾いたのは記憶に新しい。その後、アメリカの大統領選挙の開票が終わった直後に、コロナワクチンが開発されたと言うことで、市場はコロナバブルに沸いたのである。米国株もコロナ前の史上最高値を超えてきた。

 コロナ前の最高水準がS&P先物で3397ポイントだったことを考え合わせると、現在の水準は調整中だといっても、依然としてワクチンバブルの最中にいることになる。ワクチンによる防疫効果が疑われてきている昨今では、そのワクチンバブルの分がはげ落ちても不思議ではない。先週にS&P先物が4000の大台を下回ったと言っても、まだまだ下げる余地が十分にあるように見える。

 一方で日本株はどうか。コロナ前の高値は2018年10月につけた24480円であった。それが今年に成って3月に24255円まで下げた。ということは日本のほうはいち早くコロナバブル分を吐き出したとも言えよう。それでもまだ株価は高止まりしており、下げる余地は十分にある。

 中国コロナ、ウクライナ情勢、ドル金利と、マーケットのリスク回避要因は小康状態を見せているとは言え、まだ継続している。リスクオフという面からも、ドル高を狙うならばユードルのショート攻めが良いように思える。

日本時間 15時15分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング メキシコペソ比較 キャンペーンおすすめ10
トルコリラスワップポイントランキング メキシコペソ比較 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る