ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

米国休みでパターン通りのリスクオン、
軟着陸ありきのFRBだが期待は過度か

2022年05月31日(火)15:14公開 (2022年05月31日(火)15:14更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はアメリカがお休みだった。夜にアメリカがやっていないということで、日本株は大きく上昇した。これはいつものパターンである。トレーディングに供されるフローは、そのほとんどがデイライトのポジショニングである。つまり朝に株を買って、その日のうちに手じまいの売りをだすというもの。

 ポジションは翌日には持ち越さない。なぜならばトレーディングでの売買なので評価損にはたいへん弱い。だから夜間に変動して評価損を膨らますことのないように、不必要なポジションは待たないようにするためだ。むろん海外市場のおかげで良い結果になることもあるのだが、リスク回避を優先させるのが常道だ。

 そうした状況の中ではアメリカが休みだと夜も持っていてよいことになる。ポジションをカットする理由がないからだ。そうなると日中に作ったポジションはそのまま保有され、次の日も楽しめることになる。それがアメリカが休みの時は日本株が上昇する理由だと思われる。

 そうしたわけで海外市場ではアメリカの参加者が少ないということもあって、実に小動きだった。ユーロドルは1.03台まで押した後のマックス戻り高値を実現しているが、それでも値幅は少ない。ユーロが買われた要因には本邦勢によるユーロ円の購入が大きい。ユーロドルは1.08台に迫っているが、この辺からちょっと売っていってみようと思う。

 そもそもドルのバリュー調整が進んでいるのは、FEDのメンバーの一人が9月は利上げ見送りもなどと言いだしたからだ。何か調整の理由を欲していたマーケットが、それに飛びついた格好なのだ。しかし9月にまったく見送りにするくらいならば、6月7月会合で50ベーシストいう選択肢はなくなるはずである。

 なぜならFRBはハードクラッシュを望んでおらず、あくまでもソフトランディングありきだ。9月に見送るくらいならば、6月、7月を25ベーシスずつ上げて、9月も25ベーシス上げる方を選ぶだろう。目先50ベーシス上げるというのは、それでも到達点がまだ遠いと言うことを意味している。事実、2回利上げをしたといっても、まだ依然として政策金利はゼロ金利の水準なのだから。

 その緩んだところの金融緩和期待というのが、つけ込みどころである。今もニューヨークの街の中ではランチに食べるサンドイッチが3000円もするのだから、インフレ抑制は時間が経てば立つほど深刻になるだろう。中絶問題などに関心はそれてしまっているが、デモ行進が起こってもおかしくはない状況である。FEDメンバーがちょっとでもタカ派に見える内容のことをしゃべると、市場は一気にそちらに傾く可能性が高い。

日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る