ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円ついに次の目標は長銀の倒産時に、
FOMC利上げ幅増の観測高まるが果たして!?

2022年06月15日(水)15:12公開 (2022年06月15日(水)15:12更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はニューヨーク時間でドル金利が急上昇した。別段、PPIの増加ペースが大きく上がったわけではない。しかしFOMCを控えて、やはり大幅利上げへの恐怖感が先立ってしまっているのだろう。ドル金利の上昇が明確になったものだから、ドル円も高値を更新してきた。

 いよいよ9.11テロのときの介入で上がったステージを越えてきたわけで、次の目標は1998年の147円台が目標となる。ちょうど長銀が倒産したときであり、いま紛争中のロシアの国債がデフォルトしたときだ。

 さて今晩はFOMCである。先週のCPIから急速に市場は今回のFOMCでの利上げ幅が75ベーシスではないかとの思惑が強くなってきている。そして事実、短期金利の先物価格などでは、それを織り込んできているのである。8割かたが織り込まれてしまい、それがコンセンサスになったといっても不思議ではない。逆に50ベーシスしか利上げしないと、それはサプライズだということになる。

 しかしソフトランディングを旨としているFRBとしては、中長期的に見なければいけないインフレ傾向などを、直近の経済指標の出方くらいで変えるだろうか。今回75ベーシス上げてしまうとペースが乱れることになる。それならば2度と9月見送り論が出てこないように釘を刺しておくのが先決だし、むしろ8月に50ベーシスの緊急利上げをするほうを選ぶだろう。

 そういうわけで私としては50ベーシスの拘るものと見ている。マーケットとのギャップがいなめないが、それがお金儲けのチャンスでもある。実際に50ベーシスとなるとここ数日間の反動は起こらざるをえない。ドル金利の低下、株価の急反発、そしてドルロングの調整である。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る