ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

黒田総裁が固執するデフレ退治が放つ異彩、
ドル円140円目指すと思いつつも持ちにくい

2022年06月20日(月)15:15公開 (2022年06月20日(月)15:15更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 先週は各国中銀の利上げラッシュがあって、世界的に株価は下がって、今年の最安値水準まで下落した。これはインフレ撲滅のために利上げしていると言うことであれば、予想される出来事でもあった。ただ期待されていたペースよりもかなり速いということが市場を驚かせた。まだ利上げは端緒についたばかりであり、年内にはFF金利は3.25%まで上げられるものと考えられている。

 3.25%といっても、まだ中立水準には遠い。そもそも3年前までは2.25%だったのだ。そこへ対中貿易の交渉のために予防的ということの利下げで75ベーシス、そしてコロナ対策で150ベーシス利下げしているのだから、3%台まで利上げしてもインフレ対策にはならないのだ。

 そうした中で日銀の金融緩和へのこだわりには目を引くものがある。黒田総裁の会見の中でもいまだにデフレという文言が出てくる。デフレと不況を混同しているのかもしれないと思えるほど。それでドル円は132円台まで円高が進んでいたのに、135円台まで巻き戻すこととなった。

 よく言われるように景気をとるか物価高をとるかの選択に迫られているわけだが、スイスが利上げに舵を切った以上、景気の腰折れが心配で仕方がないのは日本だけだと言うことになる。

 ともかくもドル円の135円台からの買い上げには根拠が伴っているとはいうものの、なかなかに困難がつきまとう。どうしても調整売りが激しく出てしまうからだ。ここはスモールで対処するしか方策はなさそうだ。最終的に140円台まで行くとは思っていても、持ちにくいポジションなのである。


日本時間 15時00分

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る