ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ようやく3.5%超えた米10年債利回りだが驚きなし、
日銀スタンス気がかりで目先はドル円動きづらい

2022年09月20日(火)15:37公開 (2022年09月20日(火)15:37更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 ようやく米国金利の10年もの利回りが3.5%を越えてきて、年初来の高水準に至った。これはもはや次回のFOMCで最低でも75ベーシスの利上げは避けられないとみたからである。政策金利が3.0%なのに、10年貸し出しが3.5%よりも下であるのはいかにも不可思議に見えるであろう。

 もちろん景気後退のリスクはまだある。それでもさらに次の金利会合でも大幅利上げが見込まれており、急かされるように長期金利も4%を越えてこざるをえない。それほど現状の米景気には悪化で困っているというのが微塵も感じられないということだ。心配しているのは学者などインテリだけだ。

 長期金利が3.5%を越えてくるのは時間の問題だと考えられていた。FOMCが近づくと必然的にそうなると思われていたのだ。それでドル金の上昇は、それほども驚きをもって迎えられなかった。為替相場もドル高には向かっていない。ショートカバー中心とは言え、米国株もむしろ堅調だった。

 ドル円の伸びも大したことはなく、143円台の中盤までだった。とりあえず木曜日の日銀のスタンスをハッキリと確かめたいといったところなのだろう。それでもまだ大規模な金融緩和を維持すると言い切るのならば、その時点で円売りを開始すればいい。それまでは口先介入もあるだろうし、それに振らされるのも得策ではないとの考えだろう。

 そうした状況なので、今日もますます動きにくくなるとみられる。今のところ142円台に突っ込んだら買ってみて、144円台に近づいたら売りの姿勢を崩さずに持っているしかないようだ。


日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る