ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

雇用統計でドル金利もドル相場は往って来いの展開、
インフレ高止まりでも利上げペースは鈍化か

2022年12月05日(月)15:32公開 (2022年12月05日(月)15:32更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 雇用統計ではマーケットは往って来いの展開となった。まずはデータの内容が予想よりも良かった事である。なかでも平均時給がプラス0.6%となって、賃金インフレがおさまっていないことを想起させた。米ドル金利は急上昇し、それがドル高を誘発。ドル円もユーロドルも150ポイント以上もドル高が進んだ。スピードも急だったので、これまでの利上げペースの鈍化に対する楽観視の行きすぎの調整もあったようである。

 しかし雇用環境がタイトになっているのはサービス業に偏っているとみられ、それが利上げペースの鈍化にはまだ正当性があると見なされた。米国株の反発を契機に米ドル金利は再び低下に向い、元の水準まで戻った。ドル相場も雇用統計後に上げていたゲイン分はすべて吐き出した。

 1回の雇用統計だけでFRBのビューが変わるとは考えられないが、賃金部分の上昇率には要警戒である。日本のように賃金が上がっていない分にはインフレの悪循環には陥るリスクは少ないが、アメリカをはじめとする世界各国では賃金の上昇が物価高を助長している側面もある。

 つまり利上げペースの鈍化とともに遅行してインフレ再燃となる可能性がでてきたわけだ。それがわかっているならば、次回のFOMCでも75ベーシスの利上げでも本来は構わないはずなのだが。

 今週はオーストラリアやカナダの金利会合がある。アメリカの金融政策の進め方と直接の関係はないのだが、利上げペースの鈍化の地ならしになるかもしれないのである。すでにペースを落としてきているのだが、今回も50ベーシスとなると、FOMCでの利上げ幅縮小もかなりの現実味を帯びてくる。


日本時間 15時20分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る