ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

注目のパウエル議長の講演だったがインパクトなし、
為替相場もCPIと企業決算に関心はシフト

2023年01月11日(水)16:51公開 (2023年01月11日(水)16:51更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日は欧州でパウエル議長のスピーチがあった。直接に金融政策のありようについての言及はなかったものの、不人気な政策でも必要ならば取るべきであると主張した。これは続けてきた金融引き締め策に対して、効果が目に見えるようになるまでは政策変更がないことを示唆している。

 それを反映してドル金利はゆるやかに上昇した。ゆるやかにというのは、他の相場にあまり影響を与えなかったからだ。米国株も為替相場もあまり動いていない。やはりパウエル議長の発言からは市場を牽制するようなタカ派的な内容がなかったことで安心感を得たものであろう。また木曜日に控えているCPIの結果も見てみたいという様子見の気分も手伝っている。

 昨日は連休明けでもあったので、気張ってユーロドルを買っていこうと思っていた。買おうと思うと、なかなか差が乱米。ついに1.07台我は諦めて欧州序盤で買い出した。ほとんど高値つかみだったのだが、結果的にはあんまり動かずで損切りしてしまった。

 とはいうものの、また同じようなところで買い直せると感じているので悔しさは少ない。まあ何回かは失敗はするかもしれないけれど、いつまた一段高するのかわからないのだから仕方がない。押しがない以上は買っていくしかない。

 さて今晩も材料が少ない。やはりCPI待ちになる。そして金曜日からは第4四半期の企業決算が本格化する。それまでは為替相場も他の資本市場も様子見態勢に入ってしまうのだろう。

日本時間 15時40分

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る