ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

「無制限」という言葉が空しくなってきた日銀オペ、
大注目の日銀会合になってしまいドル円は下値模索

2023年01月16日(月)15:05公開 (2023年01月16日(月)15:05更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 日銀がYCCの一環として国債の大量購入をしている。週の後半で購入した規模は過去最大だということだ。しかし無制限の指値オペだという割には、あっさりと0.5%の上限を超えてしまっている。無制限ではなかったのか。国債の売買市場でビッドを出しているはずではなかったのか。

 外側が出会っていたりする以上は、無制限ではないのは論理的に明らかだ。もうそろそろ「無制限に」という文言をやめるべき段階に来ているのかもしれない。今週の日銀会合でサプライズがあるとしたら、それかもしれない。

 一方で海外では国債に対して違ったアプローチをしている。イギリスは昨年9月に無理な財政政策で市場を混乱させた際に、国債を大量購入してパニックをおさめたのだが、先週になってその購入分をすべて売り払ったと表明した。通常化したことの宣言である。

 またアメリカではいつものことだが、また19日に債務上限が訪れることが話題となりつつある。こうなってくると日銀も国債を買い続けることはできなくなるのも時間の問題であろう。

 先週の金曜日にはドル円は127円台まで突入した。今年に入ってからのドル円の下落は、ドル金利の上昇圧力が低下したことによるよりも、むしろそうした日本円の金利高要因のほうに重点が置かれているようである。とくに水曜日に日銀会合が控えているとなっては、むろんポジショニングも円ロングのほうに傾けたくなるのが自然であろう。

 日銀の会合では黒田総裁の発言も含め、従来のものと違った見解が出るはずがない。同じことの繰り返しに拘るであろう事が見込まれている。しかしYCCの扱いもそうだが、マーケットが期待するのはさらに先である。期待を妙にあおるような事になってしまうと、ドル円も勢いで120円近くまで下がってもおかしくはないのである。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る