ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

今晩は雇用統計、
ドル円は今年の高値を抜いていくか!?

2011年04月01日(金)19:21公開 (2011年04月01日(金)19:21更新)
持田有紀子

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 昨日のドル円は海外市場を通じても30ポイントくらいの値動きにとどまった。しかし欧州の序盤ではロンドン勢のユーロ買いが強まって、ユーロドルは最近の高値の目安となっている1.42台まで回復し、ユーロ円も118円台を目指す動きとなった。ユーロドルのレンジの上サイドの端っこと見て、ユーロドルのショートでも作ってみるか。それとも上げているドル円やユーロ円を、トレンドフォローとして買っていくか。

 ドル円は前日に手を出してなんだか上手くいかなかったので、ユーロドルでやってみることにした。ユーロドルを売るのはいいが、完全な逆張りである。ロスカットはレンジの上限ということで1.4250のちょっと外側になり、@1.4255のストップ注文を置いておく。あとはどこで売るかだが、アメリカの経済指標を見てからということにした。

 21時半の指標の後はユーロドルが下げに転じた。1.42台を割り込んできたので、せっかくの戻り売り計画も台無しになった。せっかく自分の目で見ながら1.4230とかも目撃したのに、なんで売らなかったのだろうか。ストップがついても25ポイントしかないのだ。売っておけばよかった。ああ、何を待っていたのだろうかと悔やまれた。

 ニューヨーク時間になっても動きは乏しかった。おまけに米国株も小動きで、マーケット全体が動意薄。雇用統計の前なので様子見になってしまうのも仕方がない。結局、私は何もできなかったが、とっとと寝てしまうことにした。

 今朝はニューヨーククローズ後から、ドル円が強含んだ。東京市場は始まる前にすでに昨日の高値を超えてきて、なおも堅調。そこへ日銀短観が出た。注目されるのは大企業のDIだけだが、震災の効果が入っていないので、データに素直に反応するわけにはいかない。しかし日本株は急上昇して始まったので、リスクテークにわいてドル円も買わざるをえない状態になってきた。

 日本株を買い上げたのは、実質的にも新年度入りした機関投資家などらのフレッシュマネーもあったろう。ドル円を買ったのは銀行のトレーダーが中心のようだ。私も83.50アッパーから買っては見たものの、10ポイントくらい取れるのがせいぜい。長くはドル円のロングを持ちきることはできなかった。

 今晩は雇用統計だ。今回も20万人増くらいの就業者数が見込まれている。まあ、予想からプラスマイナス5万人くらいだったら、雇用環境は良くなったと解釈されるだろう。相当に期待はずれでないとドル売り・株売りのリスク回避モードにはなりそうもない。今回も注目されるのは失業率のほうかもしれない。

 前回はやっと9%割れしたこともあって、失業率に市場は食いついた。今回も8.6%とか出ないかと期待している向きもある。失業率のほうに私もフォローしてみようかと思っているが、とにかく注目はドル円が今年の高値抜いていくかどうかだ。

日本時間 19時00分

 


 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 ザイ投資戦略メルマガ
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る