ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

「真珠湾攻撃」以来、70年ぶりの米格付け
見通し引き下げを、なぜ市場は無視する?

2011年04月22日(金)17:53公開 (2011年04月22日(金)17:53更新)
陳満咲杜

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■米ドルの全面安が加速している

 為替市場では、米ドルの全面安が進んでいる。ドルインデックスは2009年11月につけた安値の74.17を下回り、2008年8月以来の安値をつけている。

 主要通貨は対米ドルで軒並み高値を更新しており、そのうち、豪ドルとスイスフランは事実上の史上最高値を再び更新している

豪ドル/米ドル 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 週足

米ドル/スイスフラン 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/スイスフラン 週足

 米ドルの全面安が加速していることについて、テクニカル的な視点で見ると、年初来の下落トレンドの延長ととらえることができる。

 一方、ファンダメンタルズ的な視点で見ると、次の2つの大きな材料が、今週の米ドルの急落をもたらしていると思っている。

 まずは、有力格付け会社であるS&P(スタンダード&プアーズ)が米国のソブリン(国家に対する信用)見通しを修正したことだ。債務の見通しを従来の「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ、今後2年間で、ソブリン格付けを引き下げる確率を3分の1と表明した。

 2つ目は、中国がインフレ退治のために、「禁じ手」の人民元大幅切り上げを行うのではないかという市場のウワサだ。

米ドル安のスピードは、リスク選好度しだい

 もっとも、S&Pが米ソブリン見通しを修正したことがもたらす効果については、巷で言われるほど単純なものではない。

 本来、この修正は米国債のマーケットにインパクトを与えるはずだ。ところが、国債価格が安定しているにもかかわらず、米国株は一時急落した

 それに伴って米ドルも一時は反発したが、その後、米国企業の決算が好調であることに支えられ、米国株は上昇を再開し、米ドルは再び売られている。

米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 ここで見逃せないのは、マーケットの反応が、株式のパフォーマンスと米ドルでは逆相関の形になっており、その傾向が一層強まっていることだ。

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る