ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

原油価格は高値に貼りつき状態、
お陰でユーロ売りもなかなか苦戦する

2011年05月11日(水)18:05公開 (2011年05月11日(水)18:05更新)
持田有紀子

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 昨日の私はユーロ円を売り気で、まったく意欲満々だった。東京時間のうちに一度だけ115円を割り込んで、欧州時間の始まりとともに再び114円台に差し込んだ。私は思い腰を上げて、ようやく114.88でショートを見て、さらにやる気になっていた。しかし突っ込んだのはそこから10ポイントくらいで、すぐにメクリにあってしまった。

 欧州市場がスタートすると、ユーロ円は115円台まで戻ってきてしまった。そもそもユーロドルについても、昼間の高値を越えて来ている。まったく不愉快な値動きである。ユーロの値動きについて、一緒に注意しておかねばならないのは、コモディティの動きである。しかしそもそもアジア時間から原油などのコモディティも戻し基調にあったし、そのうえ、株価も堅調であった。

 こういう状況では、リスクテーク方向に動き出すことも予想される事態ではあった。それでも株やコモディティといったリスク資産が反転・下落に向かう可能性も捨てきれないので、私はユーロ円をまたどこかで売りたいなと思いながら、まったく手が出ないままに夜を迎えた。

 ニューヨーク市場では米国株が堅調に推移したので、クロス円が下がる局面は訪れなかった。そのまま115円のローを攻めることもなく、116円台に乗せてしっかり。経済イベントもないということなので、私は次の日に期待することにして、あきらめて何もしなかった。

 そして本日の早朝であるが、米国株の上昇をうけてか、日本勢を中心とする短期筋の円売りが先行した。ドル円は81円台にまで戻し切ったのだが、先週の戻りの節目であった81.20を超えられず。日本株の上昇も一服したことで、マーケットは全体的に利食いのポジション調整モードに入っている。

 昼間に中国の経済指標が出たが、インフレ指標はほぼ予想通りで、生産指標は悪いものが目立った。これをこの後、どのように消化していくかが見ものだが、欧州時間に入り口ではとにかくユーロ円のショートを作りたいと思っていた。これは株価の調整を期待してのことだ。

 116円台ミドルで推移していたので、ちょびっとだけ売ってみたりしたが、115円台割れを見たのの束の間、また116円台に戻ってきた(悲)。ロスカットはアゲインスト10ポイントくらいのつもりなので、116.55に置いてある。


 それにしても、今週に入ってから、どうも原油価格は堅調で、これには気をつけるべきであろう。これが102ドルアッパーで推移しているならば、リスク許容度が増していることで、ますますリスクテークになると思われる。

 株価も原油価格も高値にはりついた状態なので、クロス円の売りにはあまり良い状況ではない。リスク回避の方向へベットするのは、原油が101ドル台にまで下落してからのほうが安全策ではあるのだが…。まあ、持っていないのも寂しいし。


日本時間 18時00分

 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
人気FX会社ランキング CFD口座おすすめ比較 ザイ投資戦略メルマガ
人気FX会社ランキング CFD口座おすすめ比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る